« 不動産業者、6000万円で転売=1万円の「かんぽの宿」 | トップページ | テレビドラマ「赤い糸」・第7話を観る »

2009年1月31日 (土)

遠近両用メガネは眼鏡市場がお得です

先日、メガネを床にブン投げて割ってしまいました。わたしの視力は0.1以下で、極度の近視と遠視と乱視がごちゃ混ぜになっています。メガネなしでは字も読めないし、テレビも見れません。世の中の景色全体がボーッとしていて外を歩くのも危険です。事故を起こさないうちにと思ってメガネを購入することにしました。

JR新宿駅東口の新宿通り沿いにアルクというメガネ店があります(紀伊国屋書店の向かい、さくらやの隣り、新宿三越アルコットの一画)。目立たないのでそれと気づかずに前を素通りしている人も多いかもしれません。とりあえずこのアルクに行って検眼をお願いすることにしました。するとお店の人が「遠近両用なら眼鏡市場(めがねいちば)がお得ですよ」と教えてくれました。で、同じビルの4Fと5Fが眼鏡市場になっていました。

眼鏡市場というのはぺ・ヨンジュンがテレビでコマーシャルをしているあのお店です。どんなレンズでもどんなフレームでもセットで18900円のオールインワン方式が特徴で、遠近両用でも価格は同じです。なるほど普通だと割高になりそうな特殊(?)なメガネは眼鏡市場で買うとお得かもしれません。「あんたの目玉に合うようなド近眼のレンズは取り寄せないとありません」と言われるのではないかと心配していましたが、なんとか在庫があって即日渡しで購入することが出来ました(加工のための待ち時間35分)。

10数年前にメガネを買ったときは、たしかレンズ2枚とフレームで3万円~4万円はしたと記憶しています。メガネもずいぶん安くなったものです。メガネ業界も過当競争で価格破壊の波にさらされているのかもしれません。

購入に際してメガネの取り扱い上の注意をいろいろ説明してもらいました。なるほどと思ったのは、

1.プラスチックレンズはティシュペーパーで拭くな(かえってキズがつく)
2.かけ・はずしは必ず両手でツルの部分を持って行え(フレームがゆがむ)

この2点です。新しいメガネはブン投げて壊してしまわないように気をつけたいと思います。

|

« 不動産業者、6000万円で転売=1万円の「かんぽの宿」 | トップページ | テレビドラマ「赤い糸」・第7話を観る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122218/27636455

この記事へのトラックバック一覧です: 遠近両用メガネは眼鏡市場がお得です:

« 不動産業者、6000万円で転売=1万円の「かんぽの宿」 | トップページ | テレビドラマ「赤い糸」・第7話を観る »