« テレビドラマ「赤い糸」・第7話を観る | トップページ | <日本綜合地所>「内定切り」に補償金100万円で和解 »

2009年2月 3日 (火)

<かんぽの宿>譲渡問題、政権の命取りに…鳩山民主幹事長

2月1日19時20分配信 毎日新聞

 民主党の鳩山由紀夫幹事長は1日、高松市で開かれた党県連大会であいさつし、日本郵政による「かんぽの宿」のオリックス不動産への一括譲渡問題について「政権の命取りになるぐらいの大きな問題が見え始めてきた」と述べた。予算委員会の審議で徹底追及する姿勢を強調した。

 鳩山氏は「郵便貯金を一括管理している会社がオリックスの大株主で、そのオリックスが『かんぽの宿』を安く買いたたく。インサイダーのにおいがぷんぷんする」と指摘した。【佐藤丈一】

「郵便貯金を一括管理している会社」というのは日本トラスティ信託銀行のことだと思いますが、10位以内ということで検索すると、日本トラスティ信託銀行(信託口含む)は上場企業2030社の大株主です。時価総額(09年11月28日現在)が5000億円以上の上場企業に限れば170社中169社の大株主です(例外は豊田自動織機のみ)。それから信託口というのは委託されて信託銀行がその企業の株を購入しているだけで、本当の株主は誰だかわかりません。日本トラスティ信託口がオリックスの筆頭株主であってもそれがどうしたのという話なんですけどね。

誰にハメられたのかわかりませんが、責任ある立場の政治家がこういうワケのわからない発言をしていていいのでしょうか?民主党はオウンゴールが得意なので困ってしまいます。国会で漫才はやめて下さい。

|

« テレビドラマ「赤い糸」・第7話を観る | トップページ | <日本綜合地所>「内定切り」に補償金100万円で和解 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122218/27737425

この記事へのトラックバック一覧です: <かんぽの宿>譲渡問題、政権の命取りに…鳩山民主幹事長:

« テレビドラマ「赤い糸」・第7話を観る | トップページ | <日本綜合地所>「内定切り」に補償金100万円で和解 »