« 草彅剛の全裸騒動・人間失格はだれか? | トップページ | テレビドラマ「白い春」・第3話を観る »

2009年4月29日 (水)

「ファイナルファンタジーⅦ」のインターナショナル版

先日、電車に乗っていたら、サラリーマン風のお兄ちゃんが隣りに座ってきました。座ると同時にPSPでゲームを始めました。何をやっているのだろうとそれとなくのぞいてみると、どうも「ファイナルファンタジーⅦ」のようです。

ゲームに熱中していて周りを全く気にしていないようだったので露骨に覗き込んだところ、ゲームの進行状況は中盤のコスモキャニオンのあたりでした。いろいろ発売されている外伝(?)ではなく、本編そのものズバリのFFⅦのようです。「FFⅦがとうとう携帯ゲームでできるようになったか」と、よほど声をかけていろいろ質問しようかと思いましたが、ゲーム中に怒られるといけないのでやめておきました。

その後の調べで判明したことは、「ゲームアーカイブス」(過去に発売されたプレイステーション用ゲームがPS3やPSPで遊べる配信サービス)で4月10日からインターナショナル版のFFⅦの配信サービスが始まっていました。価格は1500円。

クラウドの決めポーズも懐かしく(残念ながら音は聞こえなかった)楽しそうにFFⅦをやっているのを見ていたら、ひさしぶりにFFⅦをやってみたくなりました。インターナショナル版は未経験ですが、ちょっとみただけではオリジナル版とほとんど変わらないような感じでした。もう忘れているから細かい違いなどには気がつかないかもしれません。

FFⅦはFFシリーズの中でももっとも思い入れの深いゲームです。このゲームは発売当初から賛否両論があって、驚異的なセールスを記録した反面、ゲーム通からは罵詈雑言を浴びせられたゲームでもありました。いまだに「FFⅦのようなゲームはゲームとして認めない」と言い張っている頑固オヤジもいるかもしれません。わたしはFFⅦファンだしFFⅦの擁護派です。できれば、最新のCG技術を駆使した渾身のリメイク版をPS3で出して欲しいです。そうしたら必ずPS3を買います。ただし、ストーリーやゲームシステムは原型を尊重してあまりいじらないで欲しいです。

|

« 草彅剛の全裸騒動・人間失格はだれか? | トップページ | テレビドラマ「白い春」・第3話を観る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122218/29359063

この記事へのトラックバック一覧です: 「ファイナルファンタジーⅦ」のインターナショナル版:

« 草彅剛の全裸騒動・人間失格はだれか? | トップページ | テレビドラマ「白い春」・第3話を観る »