« 南沢奈央VS.桜庭ななみ | トップページ | テレビドラマ「白い春」の再放送 »

2009年6月10日 (水)

日本郵政の人事問題

日本郵政・西川社長人事問題 鳩山総務相「取締役の認可は最終的に総務相単独の権限」
6月9日21時2分配信 フジテレビ

鳩山総務相は参議院の総務委員会で、あらためて日本郵政の西川社長の続投を認めない考えを示すとともに、取締役の認可権限は、最終的に総務相単独の権限であるとの認識を重ねて示した。
鳩山総務相は「財務大臣が株主総会で判断をすることと、総務大臣が取締役について判断する基準は違うということです」、「私が単独で懸命に考えて、信念に基づいて判断する」と述べたうえで、あらためて西川社長の続投を認可しない考えを強調した。
一方、同じ委員会で西川社長は、あらためて辞任する考えがないことを強調したうえで、鳩山総務相が認可しない場合は、それに従わざるを得ないとの認識を示した。
西川社長は「それは、法律の決めたことでございますから、法に従うまでであります」と述べた。

フジテレビ系の情報番組「サキヨミLIVE」が行ったアンケートでは、8割の人が西川社長は「辞任すべき」と回答 したそうです。

日本郵政の社長人事に対する国民の認識を言葉にすると、

西川社長は日本郵政を私物化している。悪徳企業・オリックスの宮内社長とつるんで「かんぽの宿」を二束三文でオリックスに売り飛ばそうとした。これは出来レースだ。なんともけしからん話だ。この陰謀を阻止したのが鳩山総務相である。鳩山総務相は信念の人、正義の味方である。西川社長は国民の財産を毀損する極悪人である。野党も西川社長を刑事告発した。こんな社長が続投することには断固反対である。

ここまで読んでまったくその通りだと思った人は頭丸めて滝に打たれてきなさい。

自分で書いていてうんざりしますが、マスコミの垂れ流し報道と偏向情報に影響された一般の国民の認識はこんなところだと思います。このように思い込まされている国民が西川社長の続投に反対するのは無理もありません。

きのうの日テレの「ズームイン!!SUPER」で読売新聞特別編集委員の橋本五郎が「(西川社長は)国民の疑惑に対してきちんと説明する責任がある」などとコメントしていました。激怒です。何を言っているのでしょうか。不勉強で事実を知らないのか、知っていてすっとぼけているのか、人ごとのような無責任なコメントはやめてもらいたいです。国民が誤解しないように事実をきちんと伝えるのがマスコミの役目です。第三者委員会から報告書が提出されているのにこれでもまだ説明責任を果たしたことにならないのでしょうか。もし報告書に問題かあるなら報告書の内容を紹介した上でどこがどう問題なのか、具体的に指摘してコメントしてもらいたいです。

だいたい橋本五郎は第三者委員会の報告書を読んでいるのでしょうか。この人も頭丸めて滝に打たれてきたほうがいいです。えっ?もう丸まってる?じゃあそのまま滝に打たれてください。

マスコミがもう少ししっかりしていて事実をきちんと報道していればこんな馬鹿げた騒動は起きなかったと思います。特にテレビのワイドショーは最低です。

かんぽの宿の売却問題に関して、売却の決定自体は「不適切ではない」というのが第三者委員会の結論です。日本郵政の取締役会「指名委員会」も西川社長の続投支持を決めました。西川社長の続投は、「正当な手続きに基づいて決まった人事案」です。そうであるにもかかわらず、鳩山総務相は具体的に何が問題なのかを指摘しないまま、「出来レース」だの「不正」だの「正義」だの「信念」だのと抽象的文言を並べて駄々っ子のように認可しないと主張しています。これは明らかに権力(認可権)の濫用です。

本来なら、西川社長の続投になぜ反対なのか、マスコミは納得できる説明を求めて鳩山総務相を徹底的に追及しなくてなりけません。それをやらない(出来ない?)テレビはメディアとしての責任を放棄しています。恥を知りなさいといいたいです。

|

« 南沢奈央VS.桜庭ななみ | トップページ | テレビドラマ「白い春」の再放送 »

コメント

同感です。

自分は不動産とかの問題はよく分からない素人なのですけど、素人なりに「安売り」という言葉だけで(あえて)中身に触れない報道には疑問を持っています。

「400億円の入札企業があった!ここに売らないとは出気レース!」と騒がれた入札企業の純利益が62万円だった事。
総務省の試算でイキナリ、二千億円の十分の一程度の「二百億円」という数字をたたき出した事。

大臣側と郵政側のどちらが正しいかはさておいて、こういった話が「無かった」事になっているのはメディアにとって都合が悪いからでしょうか。

とはいえ国民の本音も「直接自分に跳ね返ってこなければ魔女狩りだろうがなんだろうが構わない。やれやれ!!血祭りに上げろ!」みたいなものなのかなーと悲観的に考えております。

投稿: うえき | 2009年6月10日 (水) 08時46分

うえきさん、はじめまして。コメントありがとうございます。

かつて年金保険料1953億円を投じてつくられたグリーンピア(大規模年金保養基地)は、経営不振により売却されることになりました。そのときの売却総額は約48億円です。48億円でしか売れない施設になんで1953億円もつぎ込んだのかと大問題になったものです。

ところが「かんぽの宿」は逆です。取得費2400億円の「かんぽの宿」(もちろん赤字)をどうして109億円で叩き売るのかと大問題になっています……何か変ですよね。

投稿: むぎ | 2009年6月10日 (水) 13時56分

テレビを見ないので、
何故鳩山さんが支持されて、こんなに問題がこじれているのか、
全く解かりませんでした。
有り難うございます。
このまま、テレビを見ずにすごした方がよさそうです・・・

投稿: なるほどくん | 2009年6月24日 (水) 14時14分

なるほどくん、はじめまして。コメントありがとうございます。

以下の読売新聞の記事は、すでにネットで検索してもヒットしません。事実を伝えているだけの記事なのに早々と消されてしまったようです。不思議なこともあるものですよ。


「かんぽの宿」売却の白紙撤回に批判…オリックス株主総会

6月23日20時24分配信 読売新聞

 オリックスの株主総会が23日、都内のホテルで開かれ、株主から日本郵政の「かんぽの宿」のオリックスへの一括売却が白紙撤回された問題を巡って質問が相次いだ。

 質問者からは「オリックスに問題はない。もっと鳩山邦夫・前総務相に説明したほうがいい」「契約解除されたのだから、損害賠償してもいい」などと白紙撤回に関する総務省などの対応を批判する意見が出された。

 梁瀬行雄社長は「手続き上の不正はなく、遺憾だ。(落札したのは)ホテルの再生能力を評価された結果だったと考える。反論すれば、風評リスクを拡大するので静観した」などと答えた。

投稿: むぎ | 2009年6月24日 (水) 18時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122218/30034677

この記事へのトラックバック一覧です: 日本郵政の人事問題:

« 南沢奈央VS.桜庭ななみ | トップページ | テレビドラマ「白い春」の再放送 »