« テレビドラマ「白い春」・第9話を観る | トップページ | テレビドラマ「白い春」・第10話を観る »

2009年6月13日 (土)

日本郵政人事・麻生首相、当初は「西川交代」

6月13日1時49分配信 読売新聞

 麻生首相は当初、日本郵政の西川善文社長を交代させる意向だった。

 今年2月、首相官邸の執務室。首相は鳩山邦夫総務相と会い、日本郵政の6月の株主総会で西川社長を含む取締役を一新するよう指示した。「ポスト西川」の候補として、NTTの和田紀夫会長、生田正治・元日本郵政公社総裁、西室泰三・東京証券取引所会長らの名を記したリストも手渡し、水面下の調整をゆだねた。

 首相の意を受けた鳩山氏は5月に入り、日本郵政の取締役人事を決める指名委員会の一部委員に「首相は西川氏を代えるつもりだ」と伝え、「西川辞任」に向けた多数派工作を始めた。

 しかし、直後から巻き返しにあう。

 指名委員会は、委員長を務める牛尾治朗・ウシオ電機会長を始め、郵政民営化など、小泉元首相が進めた構造改革に積極的な財界人が名を連ねる。そうした委員を通じて鳩山氏の動きを察知したのは、構造改革の旗振り役だった竹中平蔵・元総務相だった。

 竹中氏は小泉氏に相談した。小泉氏は2005年、竹中氏を通じて西川氏と知り合い、社長就任を要請した経緯がある。すぐに指名委の委員を「西川続投」で説得して回り、首相や鳩山氏の動きを封じ込めた。

 結局、指名委は5月18日、西川氏を続投させる方針を決めた。

そういえば、麻生首相が衆議院予算委員会で「もともと郵政民営化に反対だった」と言ってしまったのは2月5日でした。なるほどあのころから「陰謀」が始まっていたんですね。

官邸から指示されて、鳩山総務相が水面下で日本郵政の西川社長の続投を阻止するための根回しやら多数派工作やらをやっていたとしても、そのこと自体はよくある話だと思います。

日本郵政の人事にかんして、常軌を逸した鳩山邦夫の異様なこだわりはどうも不審でしたが、官邸から指示が出ていたと考えると納得できます。しかし、官邸がバックについていると思ってのあの傍若無人ぶりであったとしたら、「正義」が聞いてあきれます。自民党内の単なる権力闘争じゃありませんか。

この記事はなんだか週刊誌の記事みたいですが、読売新聞はこんなことをバラしてしまっていいのでしょうか。この記事がウソかホントか国会で野党に追及されたとして、麻生首相はなんと答えるのでしょうか。

この記事が事実だとすれば、麻生太郎も相当のワルだと思います。鳩山邦夫とつるんでクーデター(?)を画策して、ことが思い通りに運ばなくなると、鳩山邦夫を更迭してしらんぷりです……鳩山邦夫もとんだ盟友を持ってしまったものです。

|

« テレビドラマ「白い春」・第9話を観る | トップページ | テレビドラマ「白い春」・第10話を観る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122218/30081253

この記事へのトラックバック一覧です: 日本郵政人事・麻生首相、当初は「西川交代」:

« テレビドラマ「白い春」・第9話を観る | トップページ | テレビドラマ「白い春」・第10話を観る »