« 「無花果の森」第33回(12/17) | トップページ | 「無花果の森」第35回(12/19) »

2009年12月19日 (土)

「無花果の森」第34回(12/18)

電話の話しぶりからすると、天坊八重子はどうも自分本位で我が儘な性格のようです。そして、ひとりぼっちで寂しい暮らしをしています(たぶん)。泉は、こういう我が儘と寂しさが同居している人に気に入られるのは得意かもしれません。

泉が実際に面接するのは明日ということになりました。それまでに履歴書ぐらいは書いておきたいところですが、偽名だと履歴書も書きづらい……。

天坊先生は、もとは大崖服装学院という学校だった古い建物に明日の午前中に来るようにと泉に指示しました。そこに住んでいるのか、ただアトリエとして使っているだけなのか、詳しいことはわかりません。泉は正確な住所を聞き逃してしまいましたが、どうやら軽食喫茶・ガーベラの近くらしく、誰でも知っている場所で近所で聞けばすぐにわかるとのことでした。

 「午後はだめ。午前中にしてちょうだい。九時とか十時とか。それと、悪いんだけど、来る時、たばこを買ってきてくれない?お金は会った時に返すから」
 「銘柄は何にすればいいですか」
 天坊八重子は、「ニコチンが一ミリのやつだったら、なんでもいい」といった。

「ニコチンが一ミリのやつ」という指定は、勘違いされるおそれがあります。最近たばこを吸わなくなったので詳しいことはわかりませんが、文字通りニコチンが1㎎のたばこというのはエコーしかありません(JTのホームページで確認した)。一般的にはニコチン濃度0.1mgの軽いたばこをニコチン1ミリといっているのだと思います。しかし「ニコチンが一ミリのやつ」というだけで、価格も銘柄も指定しないでたばこを買ってこいという喫煙家も珍しいです。天坊先生はボケているのではなかろうか?

泉には喫煙の習慣がありません(たぶん)。間違えずに「ニコチン1ミリのやつ」が買えるでしょうか。それから、1箱だけ買えばいいのか、1カートン(10箱)買うべきなのか、これもまた迷うところです。天坊先生は、人にモノを頼むときに、自分だけわかっていて頼まれる人のことをほとんど考えていません。まことに困った人です。でも一応「悪いんだけど」と、ことわっているからよしとするか……。

|

« 「無花果の森」第33回(12/17) | トップページ | 「無花果の森」第35回(12/19) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122218/32660895

この記事へのトラックバック一覧です: 「無花果の森」第34回(12/18):

« 「無花果の森」第33回(12/17) | トップページ | 「無花果の森」第35回(12/19) »