« 小池真理子の「無花果の森」を読む・第22回(12/4) | トップページ | 「無花果の森」・第24回(12/7) »

2009年12月 6日 (日)

小池真理子の「無花果の森」を読む・第23回(12/5)

それは十一年前の、寒い冬の日の夜更けだった。

今から11年前といえば1998年です。とりあえず12月ということにしておきます。1998年12月、伝説のロックスター・忌野清志郎が「サン・トワ・マミー」を熱唱しています。

女に逃げられた切ない男ごころを歌った歌です。吉彦クンのイメージソングにぴったりではなかろうか……。

|

« 小池真理子の「無花果の森」を読む・第22回(12/4) | トップページ | 「無花果の森」・第24回(12/7) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122218/32509797

この記事へのトラックバック一覧です: 小池真理子の「無花果の森」を読む・第23回(12/5):

« 小池真理子の「無花果の森」を読む・第22回(12/4) | トップページ | 「無花果の森」・第24回(12/7) »