« 「無花果の森」第25回(12/8) | トップページ | 「無花果の森」第27回(12/10) »

2009年12月10日 (木)

「無花果の森」第26回(12/9)

今回は新谷吉彦の経歴が主です。泉の回想というより、客観的立場から吉彦の経歴を紹介しているといった感じです。いい加減かつ簡単にまとめておくと、

18歳 某国立大学美術学科入学
26歳 某国立大学を中退
    中堅のCM制作会社に入社 有能なCMディレクターとして活躍
30歳 暴力事件によりCM制作会社を解雇
32歳 初監督作品・薔薇シリーズ第一弾『薔薇の挽歌』を発表
42歳 『湘南心中エレジー』で日本アカデミー賞(最優秀?)監督賞を受賞
48歳 妻・泉が失踪

吉彦は映画監督のかたわら、エッセイスト、コンサートの舞台監督、作詞家などとしても活躍、各方面で多彩な才能を発揮しているとのことです……なんだかね。

 

●映画についての参考サイトです。

  映画興行収入に関するランキング → http://www.eiga-ranking.com/

  日本アカデミー賞の公式サイト → http://www.japan-academy-prize.jp/

  日本映画監督協会 → http://www.dgj.or.jp/

|

« 「無花果の森」第25回(12/8) | トップページ | 「無花果の森」第27回(12/10) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122218/32554688

この記事へのトラックバック一覧です: 「無花果の森」第26回(12/9):

« 「無花果の森」第25回(12/8) | トップページ | 「無花果の森」第27回(12/10) »