« 小池真理子の「無花果の森」第90回(3/3)まで | トップページ | 小池真理子の「無花果の森」第93回(3/6)まで »

2010年3月 4日 (木)

老舗キャバレー「ロンドン」摘発 店内で売春容疑

3月4日12時51分配信 産経新聞

 キャバレー店内で売春をする場所を提供したとして、神奈川県警生活保安課と栄署は3日夜、売春防止法違反(場所提供)の疑いで、横浜市港南区上大岡西のキャバレー「上大岡ロンドンA館」店長の森友典(51)=川崎市川崎区=と従業員の新福広美(44)=同=の両容疑者を現行犯逮捕した。県警によると、森容疑者は「ホステスがしていたサービスは全く知らない」と否認。新福容疑者は「売春していることは知っていた」と認めているという。

詳しくは → http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100304-00000535-san-soci

   

この記事でびっくりしたのは、この店で働いている8人のホステスの年齢です。27~57歳だそうです。なるほど「無花果の森」(日経新聞夕刊の連載小説)の泉さん(38歳)もその気になればホステスになれましたね。

ただし、客は1日平均5人程度で、売り上げが1カ月約300万円だったといいますから、8人のホステス一人当たりの売り上げは月に40万円にもなりません。酒類などの仕入れや店の維持管理費、店長の人件費などを考えると、ホステス稼業も楽ではありません。ほとんどワーキングプアの世界です。売春でもやらなければやっていけなかったのではないでしょうか。

  

「ロンドン」のようなお店があるいっぽうで、「ここまで徹底してシステム化された違法風俗店は見たことがない」と奈良県警を唸らせた無店舗型性風俗店(デリバリーヘルス)もあります。

→ http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/362709/

  

不況の影響で水商売の業界も大変なようです。「キャバクラが不況で“熟女パブ”に」という変な記事もありました。客単価も抑え、人件費も抑えた不況適応型のビジネスモデルです。

→ http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/topics/344165/

|

« 小池真理子の「無花果の森」第90回(3/3)まで | トップページ | 小池真理子の「無花果の森」第93回(3/6)まで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122218/33632181

この記事へのトラックバック一覧です: 老舗キャバレー「ロンドン」摘発 店内で売春容疑:

« 小池真理子の「無花果の森」第90回(3/3)まで | トップページ | 小池真理子の「無花果の森」第93回(3/6)まで »