« 小池真理子の「無花果の森」・第207回(7/24)まで | トップページ | 小池真理子の「無花果の森」・第219回(8/7)まで »

2010年8月29日 (日)

小池真理子の「無花果の森」・第213回(7/31)まで

第208回(7/26)
 
この日のために、鉄治は、大掃除をして待っていました。

 「すごくきれいになつたんですね」と泉は感嘆の声をあげた。「見違えるようです。ここがスナックだったころは、こんな感じだったんでしようね」
 「そのころよりも、きれいになったかもしれません。泉さんが食事を作ってくれる、っていう時に、いくらなんでも、あのままじゃ申し訳ないですから」

と言いつつ、鉄治は食後のことも考えていたに違いありません。連休で時間はたっぷりあります。食事が終わったら……掃除にも気合が入ろうというものです。
 
 
第209回(7/27)
 
今日は泉が食事を作ることになっています。泉は焼そばを作るつもりです。食材も買ってきました。

そういえば、8月14日の「チューボーですよ!」(TBSの料理番組)は、「五目あんかけ焼きそば」でした。うっかり見損なってしまいましたが、レシピがHPに載っていました。五目あんの食材がすごいです。エビ、イカ、ホタテ、チャーシュー、人参、タケノコ、白菜、小松菜、椎茸、しめじ……。シーフード風五目あんかけ焼そばといった感じです(シーフードにチャーシューは反則ではなかろうか)。

詳しいレシピは → http://www.tbs.co.jp/chubaw/archives/20100814_recipe.html
 
 
果たして泉はおいしい焼そばが作れたでしょうか。でも大丈夫です。どんなに不味くても鉄治はおいしいと言ってくれます(たぶん)。まあ、焼そばなら誰が作っても大して変わりません(極端に不味くなることはない)。
 
 
第210回(7/28)

泉はなぜか鉄治も焼きそばが作れるといういう話を覚えていました。いつそんな話があったのかと調べてみたら、ありました。第103回(3/18)です。

天坊八重子と泉が番外地横丁の「ブルー・ベルベット」に出かけたときのことです。泉が自己紹介をしたあとでサクラがこんなことを言っていました。

 「あんたたち、夕食はすませてきたの?まだだったら、ヒロシに何か作らせるわよ。と言ってもこの人、シシャモ焼くくらいしかできないんだけど。あ、そうでもないか。ヤキソバなら作れるって言ってたっけね」

ヒロシ(鉄治のこと)が作るのは具の入っていない焼そばらしいですが、インスタントラーメンなども具は入れないで、粉末スープだけのラーメンがシンプルな味わいでけっこう美味しかったりします。まあ、腹が減っていれば何でもうまいです。

 
 
第211回(7/29)

食事を作る前にまずビールです。時間はたっぷりあります。カウンターに向って泉と並んで腰を下ろした鉄治は、ビールを飲みながら泉の髪形の話を始めました。

 「髪形、変えたんですね」
 「いえ、ひっつめ髪をおろしただけです」
 「女の人は、髪の毛を上げたかおろしたか、だけでも、印象が全然変わる。びっくりするくらいに。やっぱりこれまでとは違って見えます」

このやろーウソつくなよ。髪形を変えたってめったやたらに気がつくものか。変える前の髪形がどんなだったかなんて覚えていないのが普通ですよ。

たとえばです。鉄治が水沢なつみ(23+α)と六本木のホテルのバーで会っとき、なつみがどんな髪形をしていたか覚えていますか。そしてその髪形はその前に会ったときと同じだったか違っていたか、もし覚えているんだったら答えてもらいたいです。それごらん。何も覚えていないはずです。

髪形に限らず相手のちょっとした仕草やちょっとした表情の変化にも何か過剰な意味を読み取ろうとするようになったら、それはもう「恋の病」です。

泉は「あなたに会いに来るのに、今日は髪の毛をおろしてみた、などとは、とても言えなかった」らしいですが、言わなくても鉄治には悟られていますよ(たぶん)。人間は恋をすると、誤解も含めて、相手の考えていることや気持が手に取るように分かるようになるものです。
 
 

第212回(7/30) 

どこか翳りのある寂しそうな女性というのもある意味で魅力的です。特に失恋して落ち込んでいるときなどはそういう女性に魅かれます。

男にモテるかモテないかという基準で考えれば、派手とか地味とかはあまり関係ありません。派手でもモテない女性はいるし、地味でもモテる女性はいます。地味=モテないと考えて、新谷吉彦が結婚相手として泉を選んだとしたらとんだ大間違いです。

泉は失踪して二ヵ月も経っていないのにもう鉄治と特別な関係になろうとしています。夫の吉彦がぼんやりしていれば、カメラマンの曾我一郎とだってどうなっていたかわかったものではありません。小説には書かれていませんが、結婚生活十年の間に、吉彦が知らないところで泉にはいろいろあったのではないでしょうか。要するに泉はモテるのです。

 
 
第213回(7/31)

泉と鉄治は、五月の連休明けに初めて出合ったときのことを思い出していました。鉄治はまだ『週刊時代』の記者でした。自宅前の路上で泉を取材しようとして険悪なムードになったときのことです。

 「お帰りください。私、急いでいるんです」
 「申し訳ありません。ですが、ほんの少しだけでも、僕の話を聞いていただきたいと思いまして」
 「どうして私が、あなたの話を聞かなくちゃいけないんですか。前の電話では話を聞きたい、と言ったかと思ったら、今度は話を聞け、っていうわけですか。とにかく、いそいでいるんです。ここで失礼します」

こういう態度を「けんもほろろ」というのでしょうか。鉄治は何とか名刺だけでもと泉に名刺を渡しました。泉はその名刺を鉄治が見ている前で破いて雨の中へ投げ捨ててしまいました。いくら怒り心頭でも、どんなに相手が嫌な人でも、渡された名刺をその場で破り捨てるというのは正気の沙汰ではありません。社会人としてマナー違反です。今となっては笑い話かもしれませんけど……。

|

« 小池真理子の「無花果の森」・第207回(7/24)まで | トップページ | 小池真理子の「無花果の森」・第219回(8/7)まで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122218/36418589

この記事へのトラックバック一覧です: 小池真理子の「無花果の森」・第213回(7/31)まで:

« 小池真理子の「無花果の森」・第207回(7/24)まで | トップページ | 小池真理子の「無花果の森」・第219回(8/7)まで »