« 尖閣諸島問題・日本の凋落 | トップページ | 領土問題は武力に訴えてでも解決するつもり? »

2010年10月 2日 (土)

豪徳寺と言ってごらん

先日、成城学園前から小田急線の新宿行き各駅停車に乗りました。すると、隣りに座っていたボビー・オロゴンみたいな外人が、しきりに「ワタクジ、ワタクジ」と話しかけてきます。

何のことだろうと思って「駅ですか?」と聞くと、どうもそうらしい。しかし、小田急線には「ワタクジ」という駅はありません。

最初は「わかりません」とつれない返事をしてしまいましたが、よくよく路線図を見てみると経堂の次に豪徳寺という駅があります。

ひょっとしたら豪徳寺のことかと思って、「豪徳寺ですか?」と聞くとどうもそうらしい。経堂を過ぎていたので、「次です」と教えてあげると、通じたのかどうか、豪徳寺の駅で降りていきました。

小田急線の豪徳寺は急行が止まらない駅です。おそらく「この電車は豪徳寺に止まるのか?」と訊いてきたのだと思います。それにしても「ワタクジ」だけじゃわかんねーよ。

あのボビー・オロゴンさんは「ゴ」の発音がうまくできなくて、「グヮ」と発音していたのだと思います。つまり「ゴートクジ」ではなく「グヮートクジ」です。これがわたしには「ワタクジ」に聞こえてしまったのです。

知り合いに日本語がヘタな外人がいたら、「豪徳寺と言ってごらん」と、発音させてみてください。「ワタクジ」といいますよ、きっと。

|

« 尖閣諸島問題・日本の凋落 | トップページ | 領土問題は武力に訴えてでも解決するつもり? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122218/37037028

この記事へのトラックバック一覧です: 豪徳寺と言ってごらん:

« 尖閣諸島問題・日本の凋落 | トップページ | 領土問題は武力に訴えてでも解決するつもり? »