« 「政治とカネ」(海部俊樹著・新潮新書)を読む | トップページ | 小池真理子の「無花果の森」・第316回(12/4)まで »

2010年12月 4日 (土)

実写版宇宙戦艦ヤマト「SPACE BATTLESHIP ヤマト」の楽しみ方

実写版宇宙戦艦ヤマト「SPACE BATTLESHIP ヤマト」が話題になっていますが、長く続いているシリーズには熱狂的ファンというのがいるものです。この熱狂的ファンというのは「宇宙戦艦ヤマトはこうでなければならぬ」という思い込みが激しく、新作がちょっとでも自分のイメージに合わないと「こんなのヤマトじゃない!!」と烈火のごとく怒り出します。

しかし、最新技術を駆使したCG映像で「宇宙戦艦ヤマト」を21世紀のこの時代に超話題作として蘇らせてくれたことに、ヤマトファンは感謝しなくてはいけません。こういう映画は広い心で鑑賞することが大切です。今まさに日本の「宇宙戦艦ヤマト」が世界の「宇宙戦艦ヤマト」になろうとしています。

「SPACE BATTLESHIP ヤマト」について毀誉褒貶の激しいユーザーレビューを流し読みしていたら、誰かがうまいことを言っていました。

    感謝の気持のない人間に感動はない!!

 

ところで、「SPACE BATTLESHIP ヤマト」のエンディング曲は、エアロスミスのスティーヴン・タイラーが起用されているみたいですが、これは海外進出を視野に入れての人選だと思います。

過去の「宇宙戦艦ヤマト」シリーズには主題歌のほかにいろいろ挿入歌がありました。劇場用アニメ映画「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」(1978)のエンディング曲「ヤマトより愛をこめて」は、なんと沢田研二が歌っていました。アニメ版にこの歌をかぶせても何となくシックリきませんが、実写版なら違和感はないと思います。実写版・宇宙戦艦ヤマトのどこかにこの歌を挿入して欲しかったです(無理か?)。

|

« 「政治とカネ」(海部俊樹著・新潮新書)を読む | トップページ | 小池真理子の「無花果の森」・第316回(12/4)まで »

コメント

こんにちは。

>熱狂的ファン
ん~~~ちょっと違うような。
「熱狂的」が付くファンは、正当な作品なら諸手をあげて喜びます。

「原作と違う!」と言っているのは、「原作が何か?」も理解していない人たちや、私がレビューを見る限り「萌え系」好きの人たちです。

投稿: 9の部屋 | 2010年12月 4日 (土) 19時03分

すみません。熱狂的ファンの方に謝ります。

そうですね。本当の意味でのヤマトのファンというのは、この映画を作った人たちと同じマインドを共有できる人だと思います。

映画はまだ観ていませんが、ユーザーレビューに漂っている雰囲気から「SPACE BATTLESHIP ヤマト」は相当の力作ではないかという予感がしています。いつになるかわかりませんが、観るのが楽しみです。

投稿: むぎ | 2010年12月 4日 (土) 20時43分

感謝の無い人間には感動も無い。

これはその通りですが、この作品はヤマトという名前の別作品です。
そう割り切らなきゃ…見れない作品です。

感動の前に…感謝の前に…それに値する作品ですか?と聞きたいです。

これでボロ泣きするなら、ヤマト全作品を観て、理解した上で泣いて欲しい。


私自身が熱狂的かどうかは知りませんしどーでもいい事ですが、

確かに真っ当な作品なら、諸手を上げて大喜びします。

でも、この作品のドラマ性では…少なくとも私は無理です。


CGで綺麗にできたヤマトを見れたのは感動してます。
感動してるし…感謝もしてます。
後…西田敏行の徳田サンと柳葉敏郎の真田サンにも。
この二人は…いい味してましたね!

投稿: | 2010年12月 9日 (木) 01時38分

 実写版宇宙戦艦ヤマトを見てきました。私は、この作品は、宇宙戦艦ヤマトではなく、アメリカ的な表現方法に合わせて作られた日本の特撮映画であり、娯楽映画であると割り切って見ることができれば、とても感動できる映画であると思います。原作とはまったく違うものです。或いは原作を完全にを壊すために作られたものであるかもしれません。しかし、原作とは別なものとして多くの世代が評価するこによって、多くの人がこの映画を感動することによって、原作から別なものに何かがインプットされてゆくのでしょう。私はそれでよいのだと思ってしまいます。

投稿: ススム | 2010年12月22日 (水) 15時42分

一度観ればもう沢山という人もいるかもしれませんが、こういう映画は何度か観ることによってその印象が違ってくると思います。広い心で観て欲しいです。

ユーザーレビューなどには、大事な息子を取られてしまった姑の嫁イビリみたいな感想があまりにも多いです。それだけ「宇宙戦艦ヤマト」はファンに愛されているということかもしれません。

山崎貴監督が宇宙空間での映像表現は「自由であるがゆえに難しかった」と振り返っています。戦闘シーンで参考にしたのは意外にも歌舞伎の見えでした。「歌舞伎俳優が感情をためて見えを切るように」戦闘機の動きにメリハリをつけたそうです。言われてみればそんな感じだったでしょうか?

投稿: むぎ | 2010年12月22日 (水) 23時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122218/37952182

この記事へのトラックバック一覧です: 実写版宇宙戦艦ヤマト「SPACE BATTLESHIP ヤマト」の楽しみ方:

« 「政治とカネ」(海部俊樹著・新潮新書)を読む | トップページ | 小池真理子の「無花果の森」・第316回(12/4)まで »