« 角田光代の「空の拳」・第37回(2/3)まで | トップページ | フジTVがメキシコ大使館に謝罪 織田裕二主演「外交官 黒田康作」めぐり »

2011年2月 7日 (月)

辰吉丈一郎・浪速のジョーと呼ばれた男

「勝っても負けても彼ほど人を感動させるボクサーはいない」と評されていた辰吉丈一郎の貴重な動画を見つけました。1997年11月22日のWBC世界バンタム級タイトルマッチです。1発のパンチが勝敗を決めてしまうのが、ボクシングの醍醐味と恐ろしさです。どういう結末になるのか……知らないで観戦した方が楽しめます。

辰吉丈一郎 vs シリモンコン 1R~2R

辰吉丈一郎 vs シリモンコン 3R~4R

辰吉丈一郎 vs シリモンコン 5R~6R  ←7Rはここからどうぞ。 

辰吉丈一郎 vs シリモンコン 7R  ←なぜか映りません。

ボクシングファンにとってこの試合は涙なしには観られなかったそうです。この試合の感動的な観戦記もあります。

辰吉丈一郎

あっけなく引退するボクサーが多い国、日本。

経済的理由、周囲の引退の勧め、家族、ファン、そして自分自身の体…

危険なスポーツなだけにそれも仕方ないと思う。

が、辰吉は負けても負けても引退しなかった。

「辰吉は口だけ」「辞めるって言ったのに」

筆者の周囲でも評判は落ちる一方だった。

…あの夜までは…!

詳しくは → http://www7a.biglobe.ne.jp/~BOXCITY/tatu.htm

この観戦記を読んでからもう一度試合を観戦すると感動が倍増すると思います。

|

« 角田光代の「空の拳」・第37回(2/3)まで | トップページ | フジTVがメキシコ大使館に謝罪 織田裕二主演「外交官 黒田康作」めぐり »

コメント

私は当時、鬼塚勝也のファンでした。当時辰吉とは陰と陽とよく比較されましたね。
辰吉は人気者。鬼塚は批判されマスコミからたたかれ・・・

当時辰吉は「負けたら引退」と言っていました。しかし今も確か現役。ここまでくれば馬鹿も通りこす、凄みは孤高の域にあります。

鬼塚は自分の中でのけじめで引退しました。その後体力の回復、目標をなくし、人間の欲は良くも悪くも果てしない。

しかし、昔の武士等における言葉の重み。

今の時代は一度納得すると引退する。時間とともに欲がうまれ再起する。オリンピックでもよく目にする光景。

どちらも甲乙はつけれない。

スポーツに限らず、ゲーム的感覚?リセット。都合のいい復活的な解釈も出来ます。

今一度、アスリートの「引退」の重みを考えてほしい。気がしました。

投稿: onizuka | 2011年2月11日 (金) 17時49分

コメントありがとうございます。

そうですね。基本、アスリートに限らずどんな世界でも「引退」を口にしたらスパッとやめる、這いつくばっても頑張るつもりなら「引退」は口にしない方がいいですね。

今、TBSで香川照之が憧れの具志堅用高と漫才みたいな石垣島めぐりをやっています。

  「世界は左を制す!」 by 具志堅用高

投稿: むぎ | 2011年2月11日 (金) 21時23分

左は世界を制す。
この間の内山の世界戦。
まさにその左ジャブが良く出ていて試合を安心してみていました。ってかジャブと言うよりもストレート的だった。相手もその積み重ねられた重い左で、だんだん目が腫れて・・・結果TKO.

その後、内山選手は右手を試合で負傷していた事が判明。

だから左一本にストレート並のジャブを絶えず出していたんだな~って。

挑戦者はだからカウンターの一発を狙っていて・・・

偶然では無いと思うけどそれが見事当たり、内山ダウン!

びっくりしました。

しかしいろんな意味で基本の大切さ。ボクシング通じて感じました。

攻撃は最大の防御。

これもボクシング界の言葉だったか???

人生逃げるな・・・って事でしょうね。

にげてもその分かえって苦しいかもね。人生は。

投稿: 帷朔 | 2011年2月13日 (日) 10時21分

ボクシングを観戦していると、パンチをよけられて完全に防御されてしまうと、相手にダメージを与えられないまま攻撃している方がかえって疲れてしまい、気がついてみると形勢が逆転しているという展開をよく見かけます。素人考えで詳しいことはわかりませんが、倒せる見込みがないのに強引に攻撃するのは、カウンターの危険があるだけでなくスタミナの浪費という点でも得策ではないような気がします。

「攻撃は最大の防御である」というのがひとつの真理であるとすれば、状況によっては「防御は最大の攻撃である」というのもひとつの真理だと思います。

  人生とは矛盾の塊である  by なんとかさん

逃げるな、そして逃げるべきときは逃げよ、です。

投稿: むぎ | 2011年2月13日 (日) 12時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122218/38772541

この記事へのトラックバック一覧です: 辰吉丈一郎・浪速のジョーと呼ばれた男:

« 角田光代の「空の拳」・第37回(2/3)まで | トップページ | フジTVがメキシコ大使館に謝罪 織田裕二主演「外交官 黒田康作」めぐり »