« 煮込みうどん(1人前)の作り方 | トップページ | 山下智久・体脂肪率4%の男 »

2011年2月10日 (木)

トヨタたたきで米紙「米議会責められるべきだ」

読売新聞 2月10日(木)10時26分配信

 【ワシントン=岡田章裕】米ワシントン・ポスト紙は9日付の社説で、米運輸省がトヨタ自動車の急加速問題で「欠陥なし」との最終報告をまとめたことを受け、「ヒステリーを引き起こした米議会は責められるべきだ」と指摘し、反省を促した。

 社説では、米議会の公聴会を、「真相を探るより、(報道の)見出しになることを意図したやり方だった」との見方を示した。その上で、大局観や自制を欠き、真相究明につながらなかったとして、過剰なトヨタたたきを行った議会の対応を批判した。

 急加速の原因と結論づけられたアクセルとブレーキの踏み間違いについては、「トヨタは顧客を批判できず、(反論などが)不可能だった」として、トヨタを擁護した。

何もいわないよりはマシですが、ワシントン・ポストもいい加減ですね。「大局観や自制を欠き、過剰なトヨタたたきを行った」のは議会だけでなく米国のマスメディアも同罪だと思います。結論が出てから、後出しジャンケンで偉そうなことをいうところは日本のマスコミにそっくりです。この記事だけではよくわかりませんが、(ワシントン・ポストの)社説では自己批判もしているのでしょうか。責められるべきは議会だけでなくマスメディアも含めた米国の体質そのものです。

以下の記事は約1年前の記事です。今読むと何だか笑ってしまいます(苦笑)。

「恥を知れトヨタ」米下院公聴会で怒号飛ぶ 8時間続き終了

産経新聞(2010年2月24日)

【ワシントン=犬塚陽介】トヨタ自動車の大量リコール(回収・無償修理)問題をめぐり23日、開かれた米下院エネルギー・商業委員会の公聴会は、8時間近く続いて終了した。トヨタ自動車の米販売子会社のレンツ社長に対し、出席した議員は執拗(しつよう)な質問攻めにした。背景には、トヨタ車が急加速するのは電子制御システムの欠陥が原因ではないか、という強い疑念がある。

 「恥を知れ、トヨタ」。公聴会では怒気を含んだ鋭い声が満員の会場に響いた。車の急加速で危うく命を落としかけた米国人女性は、トヨタが急成長の影で置き去りにした安全への対応を「強欲」と批判した。出席した委員からも厳しい質問が相次ぎ、レンツ社長も、対応の遅れについて「過ちを認め謝罪する」と陳謝した。

 公聴会の最初の証言者となったテネシー州のロンダ・スミスさんは、愛車のレクサスが2006年、ブレーキが利かぬまま勝手に加速し、時速160キロでの走行を余儀なくされた状況を涙をこらえながら語った。

 ギアをバックやニュートラルに切り替えたり、サイドブレーキを引いてもスピードは落ちない。「死を覚悟した」というその直後、車が急に減速を始めて一命を取り留めた。その瞬間を「神が現れた」と語った。

 電子系統の不具合をトヨタなどに訴えても相手にされず、スミスさんは「人命を無視している」と涙ながらに憤った。

 ワクスマン委員長は、トヨタや米政府機関が「電子系の不具合が問題を起こす可能性を真剣に検討した証拠はない」と批判。バートン議員も「私なら(スミスさんの)車を手に入れ、徹底的に不具合を調べる」と述べ、トヨタ側の対応に不満を示した。

|

« 煮込みうどん(1人前)の作り方 | トップページ | 山下智久・体脂肪率4%の男 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122218/38814550

この記事へのトラックバック一覧です: トヨタたたきで米紙「米議会責められるべきだ」:

« 煮込みうどん(1人前)の作り方 | トップページ | 山下智久・体脂肪率4%の男 »