« 2011年2月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年3月28日 (月)

久米宏・男は黙って2億円寄附

日経新聞3月24日の夕刊に、被災地でボランティア活動をするときの態度や言葉遣いについて十分な配慮が必要である旨の特集記事がありました。

論旨をまとめて要約すると、ダメな態度として、

1.来てやっているんだという態度
2.上から目線の同情的態度
3.善意の押し付け的態度(おせっかいな態度)

などです。このありは十分理解できますが、難しいのは言葉遣いです。

被災者にかけない方がよい言葉の例として、次の4つが挙げられていました。

色々あったけど命が助かったからよかったじゃない
早く元気になって(被災者が失ったものを理解されていないと感じる)
頑張って(頑張って疲れ切っているのに追い打ちをかける)
早く忘れて前向きに生きよう(一生忘れられない体験をしている)

 

大切な人を失って悲しみに暮れている知人がいたとします。その胸中を察すると、どんな慰めや励ましの言葉も虚しくなって声がかけられなかったという経験をしたことはありませんか。そんなときは、ただ黙って、時の流れがその人の心を癒してくれるのを待つしかありません。言葉にならない悲惨な体験をしている被災者に対しても、被災者の心に寄り添って考えれば、事情は同じだと思います。

ボランティアでなくても被災者に送るメッセージなどで、「早く元気になって」とか「頑張って」とか、励ますつもりの言葉が被災者の心を傷つけているかもしれません。こういうときは、久米宏のように黙って義援金だけ寄附するのが正しい態度だと思います(大金を寄附する実業家やタレントやスポーツ選手の人は、金額に気持を込めているといった感じで、ノーコメントの人が多いような気がします)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月27日 (日)

テレビアニメ「バクマン。」・第24話「もう終わっている!!」

月曜日に「少年ジャンプ」を読むのが一週間のうちで一番幸せなときだという小中学生も多いことと思います(高校生も?)。月曜日になるとつい「少年ジャンプ」を買ってしまうというバカ大学生(ごめん)も少なくありません(勉強せい)。いや、立派な大人のサラリーマンが電車の中で「少年ジャンプ」を熱心に読んでいる光景もよく見かけます。

3月11日に発生した東日本大震災は、少年ジャンプの配送にも影響していて、「被災地を中心に配送が大幅に遅れる、あるいはいまだにお届けできないという状況」が続いているそうです。

そこで、震災の影響で大好きな少年ジャンプが読めなかったという読者のために、少年ジャンプの編集部が一肌脱いでくれました。3月14日発売の第15号の全漫画作品がネットで無料配信されています。

ここから読めます → http://event.yahoo.co.jp/shonenjump/special/

ジャンプ誌上の「バクマン。」は新人マンガ家の悪漢(?)七峰くんが亜城木夢叶に勝負を挑んだのはいいけれど、人気急落で連載打ち切りのピンチに追い込まれています。ネット上で協力者の叡智(?)を結集したつもりが、アイディアを詰め込みすぎて顔の見えない無個性のマンガになってしまったんですね。七峰くんは中井さんをVIP待遇でチーフアシスタントに起用していますが、少年ジャンプに出てくる中井さんはさらに太ってしまったみたいで、なんだか人相が悪いです。

テレビアニメの「バクマン。」は来週が最終回です。でも、金未来杯の結果も出たし、もう終わっている感じです。どうなるかという楽しみがなくなってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月26日 (土)

放射能は複合汚染が問題なんだとどうして言わないのだろう?

多少基準値を超えていても、汚染された野菜がホウレンソウだけなら、そのホウレンソウをいくら食べても人体に影響はないのだと思います。ところが、キャベツも汚染されている、レタスも汚染されている、牛乳も魚介類も水道水も空気も汚染されているとなると、食事をしても水道水を飲んでも空気を吸ってもあらゆる機会に放射性物質が少しずつ体内に入ってきます。

  放射性物質はあらゆる機会に摂取される。

だから個別にみれば微量で問題がないとしても、微量の積み重ねが人体の健康に影響してくる可能性があります。政府はなぜこのことを説明しようとしないのでしょうか。「安全だ、安全だ」と連呼しても国民は信用しませんよ。

ホウレンソウをむしゃむしゃ食べる人は水道水は飲まないようにする、水道水をガバガバ飲む人はホウレンソウは食べないようにする……総量としての放射性物質の摂取量を抑えることが大切で、やむを得ない場合に多少飲んだり食べたりしたからといって、まさに「直ちに影響があるわけではない」です。

なるべく食べないようにする、なるべく飲まないようにする、その積み重ねが大切だとアナウンスすれば、「直ちに問題があるわけではない。(ホウレンソウだけなら)いくら食べても問題ない。しかし摂取制限をする」という政府の意味不明の説明も国民に理解してもらえるのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

角田光代の「空の拳」・第64回(3/8)~第67回(3/11)

「空の拳」は日経新聞夕刊に連載中のボクシング小説ですが、東日本大震災の特別紙面のため連載が中断されていました。連載が再開されたのは25日(金)からです。連載中断前は、出版社に勤めている空也が同期会に参加するというお話でした。
 
 
第64回

この小説の第2回に次のような記述があります。

 同期入社したのは七人だが、入社三年目の現在、残っているのは空也を入れて四人である。その四人で、昨日飲みにいった。空也以外の三人はときどきいっしょに飲んでいて、声を掛けられることもあるが空也はいつも断っていた。

空也は同期入社の三人を「ノリが軽くて薄っぺらいことしか言わない、ちゃらけた人種」と見なして無視していました……と思っていたのですが、実はそうではなかったみたいです。どうやら無視されていたのは空也のほうです。
 
 
空也は五歳年下の坂本秀志路と鉄槌ジムで知り合いになりますが、坂本のアパートに泊まるのがうれしくてたまらなかったり(第23回)、坂本から鉄槌ジムの飲み会に誘われてはしゃいだり(第31回)しています。これは会社で同期入社の三人に相手にされず、他に友だちもいなくて寂しかったからです。今思えばそのように考えられます。

空也と同期で入社したメンバーは次の三人です。

 川口弓恵 二十代の働く女性をターゲットにした女性誌に所属。
 江野正  仕事より私生活を重視。何で出版社に就職したのかは不明。
 田中芙美 上司と不倫関係の噂がある。翻訳部署に移動。空也とは少し親しい?
 
 
十月も中旬になり六月の人事異動から四ヶ月が経過しました。いつもなら無視している空也に田中芙美がうっかり声をかけてしまいました。「しまった」と思ったときはもう遅く、同期の食事会に芙美が空也を誘った形になってしまいました。空也は久しぶりに同期会に参加することになりました。

場所は青山のリストランテ(イタリア語でレストランの意)です。空也が得意な(?)居酒屋や焼き鳥屋ではなく、高級レストランです。こういう店は空也にとっては場違いで落ち着きません。ラフな服装だと睨まれたりもします。困ったね。

空也が店に入り席に案内されると、先にきていた川口弓恵と江野正がけげんな顔をして空也を見ました。

「いや、なんかすみませんねえ、いきなりきちゃって」空也は嫌味と自覚しながら言い、
「何言ってんの、同期じゃない、私たち」弓恵がゆったりほほえんだ。

空也は「招かざる客」です。何だか白けた雰囲気になってきました。

 

第65回

七時を少し過ぎてから田中芙美があらわれてメンバーがそろいました。
 
西暦2000年はオーストラリアのシドニーでオリンピックが開催された年です(9/13~10/1)。この大会では女子マラソンの高橋尚子がオリンピック新記録で金メダルを獲得、「最高でも金、最低でも金」と豪語していた柔道の田村亮子(現・谷亮子)もその言葉通り金メダルを獲得しました。

シドニーオリンピックのことなどを話題にしながら、同期の三人が楽しそうにおしゃべりをしています。しかし空也は参加できずに蚊帳の外です。

「クーちゃん、決まった?」芙美に訊かれ、
「いいよ、わかんないから、まかす。きみとおんなじのにして」空也は言ってメニュウをテーブルに置いた。

メニュウにはわけのわからない横文字がやたらと並んでいました。空也は何を注文していいのかわかりません。芙美はうっかり空也に声をかけたようでいて、実は空也を呼んで恥をかかせて楽しんでいるのかもしれません。嫌な性格。でも、これも一種の愛情表現かもしれません。

 気がつくと、三人はレストランと食べものの話ではなく、パスタを食べながら仕事の話をしていた。

だいたいこういうときの仕事の話というのは、自分の有能ぶりをアピールしようと、背伸びをして偉そうなことを言い出すのが通例です。たとえば、さも自分の意見であるかのように、日ごろ先輩から聞かされている話を受け売りしたりします。

 

第66回

二十代の働く女性をターゲットにした女性誌で仕事をしている川口弓恵は、(一般の人には?)聞き慣れないファッション業界のブランド名を並べて、これからは趣味の違いによって雑誌の購買層を設定すべきだという自説(?)を主張しました。弓恵は、あくまでも読者を年齢層で捉えようとしている保守的な会社の編集方針に不満です。これからは年齢の違いがあまり意味をもたなくなるエイジレスの時代になるから頭を切り替えなくてはいけないというのです。

この弓恵の意見に翻訳部署に勤務している田中芙美が賛同しました。芙美は、(一般の人には?)聞きなれない新潮クレスト・ブックスの作品名を並べて、新潮社がいかにいい仕事をしているかを力説します。それに比べて保守的な「わが社」は安定した有名作家でないと翻訳契約にOKが出ません。これでは海外の新進気鋭の作家を発掘して紹介しようとしてもうまくいきません。

営業部でチンタラ仕事をしているはずの江野正も議論に加わってきました。正は、これから流行りそうな電子書籍の話を持出してきて紙の雑誌の将来を憂いてみせました。

焦ったのは空也です。先見的な意見がポンポン出てくる同期入社のメンバーに比べて、空也は旧態依然としたボクシング雑誌で悪戦苦闘しています。まさに保守的で旧弊にとらわれている世界にどっぷりと浸かっているのです。この四ヵ月というもの、ジムに通ったり、ボクシングの試合を観戦したりして、空也は空也なりに一生懸命仕事に取り組んできたつもりでした。しかし気がついてみると、自分だけが同期のメンバーから取り残されている感じになっていました。

沈黙している空也に、「クーちゃんはどう、もう慣れた?」と芙美が声をかけてくれました。

「ま、ジムに入会して、ちょっとは近いところで雑誌を作ろうとぼくは思っているけどね」置いていかれるのはいやだった。まだそんなところにいるのかと思われるのはいやだった。

 

第67回

同じ背伸びをするのでも、空也の背伸びは紋切り型の演説みたいになってしまってスマートさがありません。弓恵や江野は適当に話を合わせながら内心では「やれやれ」と思っています(たぶん)。

芙美が空也の話なんか興味がないと言わんばかりに突然「マルコヴィッチの穴」(1999年に制作されたアメリカ映画。日本では2000年9月23日に公開)という映画に話題を変えてしまいました。

話の腰を折られた空也は、なんだか馬鹿にされたような気分になりました。不愉快になってヤケ酒を煽ったようです。

空也は酔いすぎると記憶を失くすクセがあります。この日もいつのまにか見覚えのないバーのカウンターで芙美と並んで座っていました。空也は、沢木耕太郎の『一瞬の夏』のような一般の読者にも読んでもらえるスポーツノンフィクションを書くんだと、芙美を相手に息巻いていました。ふと気がつくとどうも様子が変です。

「あれ、いつの間に店、変わったの」芙美に訊いた。
「クーちゃん、だいぶ酔ったね、女の子口調になってるもん。さ、帰ろうか」

空也は酔うと記憶を失くすだけでなく酒癖も悪いです。やたらと芙美にからみます。それと、(尾木ママのような)女の子口調になるクセもあるみたいです。これはじめて知りました。そっちの気があるのでしょうか。

普通なら酔いつぶれた空也などほったらかして帰ってしまっても不思議はないのですが、芙美は根が優しいのかもしれません。最後まで空也に付き合ってくれます。「最後まで」といっても変な意味ではありませんよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月25日 (金)

農作物の風評被害を防ぐ方法

出荷制限する農作物が拡大 福島県農産物には摂取制限も指示

J-CASTニュース 3月23日(水)20時22分配信

 福島県や茨城県で採取された農作物から、国の定める暫定規制値を超えた放射線物質が検出された問題で、菅直人首相は2011年3月23日、出荷制限する農作物の拡大と摂取制限を指示した。

 出荷制限については3月21日の段階で、1年間食べ続けると初めて健康に影響が出る可能性のある暫定規制値を超える放射線量が一部で検出されたことから、福島、茨城、栃木、群馬県のホウレンソウとカキナ、福島県の原乳について出荷自粛が指示されていた。23日にはこれが拡大し、茨城県の原乳とパセリ、福島県のホウレンソウ、コマツナ、キャベツ、ブロッコリー、カリフラワーなどの出荷を控えることが指示された。また、福島県で生産された農産物のうち非結球性葉菜類、結球性葉菜類、アブラナ科の花蕾類の農産物(ホウレンソウ、コマツナ、キャベツ、ブロッコリー、カリフラワーなど)については、摂取制限の指示もはじめて出された。当分の間は食べないように呼びかけられている。

政府は一部の農作物の出荷制限や摂取制限を指示しているだけで、それ以外の農作物の出荷や摂取が手控えられているのは(政府には責任のない)風評被害であるかのようなポーズをとっています。しかし、リストに挙がっていない農作物の放射性物質について、

1.検査していない
2.検査したが規制値以下だった

このふたつのうちどちらなのかがあいまいなままです。これがあいまいだと、消費者はすべての農作物の摂取を手控えざるをえなくなります。もしこれを風評被害というなら、風評被害を助長しているのは政府の態度です。

政府が本気で風評被害を防ぎたいと考えているなら、公表すべきは、政府が責任を持って保証できる安全な農作物のリストです。どんなに品目が多くなっても「安全な農作物のリスト」を作成して公表すべきです。

タテに品目、ヨコに県名を記して、

 ◎ 絶対安全
 ○ ほぼ安全
 △ 未検査
 × 出荷制限
 ● 出荷制限・摂取制限

農作物の全品目について各県別にこうしたマークを記入した一覧表を作成して公表して欲しいです(最終検査日を記入して毎日更新)。これによって風評被害の多くは防げると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月24日 (木)

海江田万里のいやがらせ・権力の濫用?

<計画停電>夏場は東京23区の住宅地でも…経産相

毎日新聞 3月23日(水)23時53分配信

 海江田万里経済産業相は23日の会見で、冷房などで電力需要が大幅に高まる夏場の計画停電について、「東京23区の中、特に家庭で工夫ができないか考えている。不公平があってはいけない」と述べ、現在は大半が計画停電の対象地域外になっている東京23区の住宅地を対象地域に含めることを検討する方針を明らかにした。

夏場の計画停電は、首都機能が集中しているとして千代田、中央、港の3区は引き続き対象外とする方針らしいです。しかし都庁のある新宿区は対象外に含まれていません。これは東京都に対するいやがらせです。都知事に新宿区も対象外にしてくれと頭を下げてもらいたいのでしょうか。私怨(?)を政策に持ち込むのはどうかと思います。気のせいかもしれませんが、あまりにもタイミングがよすぎます。

首相が放水で都知事に陳謝 消防隊員「処分」と言われた

 東京都の石原慎太郎知事は21日、菅直人首相と官邸で会談し、東京電力福島第1原発での放水に関し「東京消防庁の隊員が長時間連続の放水を強制され『実施しなければ処分する』と言われた」と「暴言」に抗議した。石原氏によると、首相は「陳謝する。大変申し訳ない」と述べた。

 会談後、石原氏は記者団に「隊員は命懸けで取り組んでいる。『処分』などと言ってはいけない」と強調。処分すると発言した人物については「知らない」としたが、都政関係者によると、海江田万里経済産業相だったという。海江田氏は、首相を本部長とする政府と東電の「福島原発事故対策統合連絡本部」で副本部長を務めている。

2011/03/22 01:59   【共同通信】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月22日 (火)

「米国は日本から何か学ぶべき」米ニューヨーク・タイムズが論評

産経新聞 3月21日(月)16時58分配信

 【ニューヨーク支局】東日本大震災で世界各国が日本の経験から多くの教訓を学ぼうとするなか、20日付の米紙ニューヨーク・タイムズは、福島第1原発で放射能汚染の危険に立ち向かう作業員の献身ぶりを称賛し、「米国は日本から何かを学び取るべきである」とする論評記事を掲載した。

 元東京支局長、ニコラス・クリストフ氏による論評は、地震、津波、放射能漏れの三重苦で日本人の「団結が深まった」と指摘。「我と欲を捨てる精神と冷静さ、規律を尊重するという日本人の行動規範を福島の原発で危険な作業を続ける作業員が体現している」とたたえた。

 さらに、日本政府の対応と比べ、苦難に耐える日本人を「立派で高貴だ」とし、米国人は日本人の精神から学ぶべきものがある-との趣旨を貫いている。

もちろん日本にだって、殺人事件はあるし、オレオレ詐欺もあります。また、昔から日本人がこんな風だったわけでもありません。現在の日本の国民性というのはおそらく戦後になって形成されたものです。

「米国は日本から何か学ぶべき」と本気で思っているなら、米国も日本国憲法を採用してはいかがでしょうか?戦後に施行された日本国憲法の前文には次のように書かれています。

 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

 われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。

 日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。(1946年11月3日公布)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ほうれん草・冷凍保存してもだめなの?

牛乳とホウレンソウから基準値超える放射線量
 
産経新聞 3月19日(土)16時30分配信

 枝野幸男官房長官は19日夕の記者会見で、福島県産の牛乳と茨城県産のホウレンソウから、食品衛生基準法上の暫定基準値を超える放射線量が検出されたと発表した。枝野氏は現地からの出荷規制も検討するとしている。

ホウレンソウはいつも茹でてから小分けしてサランラップに包んで冷凍保存しています。解凍して食べるのは1ヵ月後とか2ヵ月後になることもあります。

今回放射線ヨウ素131に汚染されたとされるホウレンソウですが、放射性ヨウ素131の半減期は8日とされています。すぐに食べないで冷凍庫でしばらく保存しておいてから食べればまったく問題ないのではないでしょうか?

せっかく作ったホウレンソウを捨ててしまうのはもったいないです。逆賞味期限(?)ということで「1週間後にお食べください」と注意書きをして売るわけにはいかないのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月20日 (日)

震災特番でうるさいほど流れるCM

テレビを見ていると衝動的にチャンネルを替えたくなるときとがあります。ひとつは「菅直人が映ったとき」、もうひとつは「ACジャパンのCMが流れたとき」です。ACジャパンのCMは菅直人の映像と同じくらいに不愉快です(個人的に)。

ACジャパンは、「全国の企業から集めた会費で、公共広告活動を行う民間ボランティア組織(経済産業省所轄の社団法人)」とされています。いかにも胡散臭いです。どういう人間が役員になっているのか、本当に必要な組織なのか、徹底的に明らかにしてもらいたいです(マスメディアが会員だから無理か?)。間違っていたら申し訳ないですが、思うに単なる天下り団体のような気がします。

「JCASTテレビウオッチ」というサイトでは、今回の「異常事態」を次のように解説しています。

テレビ局はスポット広告として一般の企業広告と同様に放送しているが、今回の大震災のように、企業がCM自粛したときの穴埋めとしても使われる。東日本大震災では発生から1週間で延べ100時間以上が放送されていて、これは阪神・淡路大震災を上回る。CMの全放送時間の99%以上を占めており、ほとんどのテレビCMがACということである。

詳しくは → http://www.j-cast.com/tv/2011/03/17090737.html

この大量CMは、テレビ局が自発的に流しているのであって、ACジャパンに責任はないのですが、それでも苦情が殺到しています。

AC大量CMに苦情殺到…脅迫電話も

デイリースポーツ 3月18日(金)9時19分配信

 公共広告により啓発活動を行っている社団法人のACジャパン(旧公共広告機構)に抗議の電話が殺到していることが17日、分かった。東日本大震災の影響によって、民放テレビ各局が民間企業CMの代わりに、同法人のCMを大量放送しており「しつこい」「不快感がある」「内容がそぐわない」というクレームが集中していた。同法人の提言CMはテレビ、ラジオ、新聞社など加盟社の会費で制作。とばっちりを受けた形だけに、同法人も困惑を隠せなかった。
  ◇  ◇
 民間企業が震災の影響でCMを自粛する中、大量に放送されているACジャパンのCM。穴埋め的な役割を果たしているにもかかわらず、とんだとばっちりを受けている。
 抗議の理由としては、同じ内容のCMが流れることに対する「しつこい」、同法人CMの最後に流れる「エーシー」という高いメロディーが「不快さを感じる」、さらには子宮がんや脳卒中予防の内容に対し「こんな大変な時にがん検診なんか行けるか」といった内容があるという。

詳しくは → http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110318-00000001-dal-ent

ここで疑問に思うのは、ACジャパンという団体は、各テレビ局に対して、(CMを流すのを)やめさせる権限はないのでしょうか?それから、ACジャパンのCMでもとにかく流していれば各テレビ局は(ACジャパンから)広告料がもらえるのでしょうか(もしそうだとしたらふざけた話です)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

テレビアニメ「バクマン。」・第23話「しまった!!」

きのうの停電でDVDレコーダーの時刻表示がリセットされてしまいました。いまだにアナログ放送のため手動で時刻合わせをしなくてはなりません。で、どうやら日付の設定を間違えたようです。23話の録画に失敗しました(なぜか日付が3月22日になっていた)。

「ふざけやがって、停電のせいだ!!」と怒りたいところですが、テレビ番組の録画に失敗したぐらいで怒っていたら罰があたります。だいたい不注意がいけないのです。公式サイトの「ストーリー」を読んで観たことにしておきます。残念無念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月17日 (木)

使用済み核燃料プールの大きさは?

福島第1原発、陸自ヘリが水投下

2011年3月17日(木)9時47分配信 共同通信
 
 東日本大震災による福島第1原発事故で政府対策本部は17日午前、陸上自衛隊のヘリコプター2機を使い3号機に計4回、水を投下した。警視庁の高圧放水車や自衛隊の消防車両による地上からの放水も準備。水の投下や放水によって水位低下で過熱している使用済み燃料プールを冷却し、外部に高濃度の放射性物質が放出されるのを防ぐ前例のない試み。北沢俊美防衛相は「間違いなく3号機にかかった」と述べた

福島第1原発の使用済み核燃料プールの大きさは、「縦横約10メートル、深さ約12メートルで、燃料棒(長さ約4メートル)を十分に冷やすため、通常1100~1200トンの水で満たされている」そうです。底のほうにある使用済み核燃料棒が水面から出ないようにするだけでも、おそらく400トン程度の水が必要なのではないでしょうか(これはあくまでも素人の勘です)。

ヘリコプターで1回7.5トンの水のを投下して、そのうち2トン程度が使用済み燃料プールに入ったとしても、200回投下してやっと400トンです。4回程度ヘリコプターで水を投下することに何か意味があるのでしょうか?

詳しくは
  ↓
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110317dde001040043000c.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月14日 (月)

蓮舫大臣、都知事に節電協力を要請

TBS系(JNN) 3月14日(月)18時8分配信

「人命救助を優先してきたが、電力の問題も段階を踏んでやりたい。その上で全面的に協力を頂きたい。執務室もずいぶん暗くして頂いて・・・」(蓮舫 節電啓発担当相)

 東京電力管内の3割の電気が東京都内で使用されているとして、節電の協力を要請した蓮舫大臣でしたが、逆に、石原知事は、節電に向けた政令を出すべきと、政府に注文をつけました。

 「こういう事態のときは何で政令を出さないんですか。政令出すべきですよ。政府の権限なんだから。10時以降消灯、ネオンはつけるなとかね」(石原慎太郎 都知事)

 石原知事からは、この他、「コンビニを一晩中開ける必要はない」といった意見や、ネオンや自動販売機などで節電するという注文が出されました。

 

電気は作り溜めができないと聞きます。つまり、ピーク時の需要をどのようにして抑えるかが重要で、夜中に節電しても意味ないのではないでしょうか?

東京電力の「計画停電」が、朝も昼も見送られたのに、夕方になって一部で実施せざるをえなくなったのは、夕方の電力需要が供給能力を超えてしまったからだと思います(それにしてもわざわざ被災地の避難所がある地域の電気まで止めてしまうというのはひどい話です)。

もし、政府の権限で政令を出すなら、東京23区も含めて、大きな家も小さな家も、豊かな家も貧しい家も、家庭用のヒューズはすべて15アンペアに取り替えるというのはどうでしょうか?各家庭は無節操に電気を使うとヒューズがとんでしまいます。自己責任ということでその家だけ停電です。

家庭のヒューズを15アンペアに切り替えることによって全体の需要量が抑えられるなら、公共の交通機関を運休させなくてもすむかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月13日 (日)

未曾有の大災害で見せた日本人の冷静な対応に驚きの声―中国

2011年3月13日(日)10時51分配信 Record China 

マグニチュード8.8(その後9.0に訂正)と日本観測史上最大となった東北地方・太平洋沖地震。地震発生後、日本政府はただちに緊急災害対策本部を設置。速やかに自衛隊の出動を決めるなど迅速な対応を見せた。また一般の日本人も理性的な対応を見せている。

中国のマイクロブログで話題となったのは、日本滞在中のある中国人のつぶやき。「数百人が広場に避難していたが、その間、誰もタバコを吸うものはいなかった。毛布やお湯、ビスケットが与えられ、男性は女性を助けている。3時間後、人々は解散したが、地面にはゴミ一つ落ちていなかった。一つもだ」という内容。

パニックになりかねない大災害の中で、日本人が見せた冷静な対応は驚きをもたらした。(翻訳・編集/KT)

 

日本人の変なところ(長所?)

 1.どんなときでもきちんと列を作って並んでいる。

 2.支援物資の奪い合いなどは皆無。

 3.自分が被災者なのに救助に来た人に気を遣っている。

 4.自分の命が危ないのに人のことを心配している。

 5.どんなに辛くても平気な顔をしている。

 6.どんなときにも秩序と礼節を重んじる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月12日 (土)

福島原発事故とチェルノブイリ事故

福島原発事故については最悪のケースを想定しておいたほうがよさそうです(もちろんそうならなければそれに越したことはありません)。そこで、素人にも分かりやすいチェルノブイリ事故の大雑把な概要です。

チェルノブイリ事故・・・原子炉暴走事故
 1986年4月26日、旧ソ連のウクライナ共和国の最新型原子炉が事故をおこしました。核暴走事故です。運転開始後初めての定期検査時に、原子炉を停止する際にちょっとした実験をしようとしていたところ、計画変更やミスのため仕方なく不安定な低出力での実験をせざるを得ませんでした。設計上の問題も重なり、原子炉の反応が進んで暴走・爆発、砕け散った燃料と水の反応で水蒸気爆発が続きました。この暴走事故では、おかしいと気づいてから放射能が環境に噴出するまでの時間は、せいぜい数十秒程度と短く、かつ当局が事故について的確に公表しなかったので、周辺住民の避難は大幅に遅れました。事故の爆発規模は、TNT 火薬換算で500キロ程度の爆発なみと推算されています。この爆発は、原子炉の出力が1秒たらずの間に通常運転時の約500倍にも急増したために、原子炉内で急激に水蒸気が発生しておこったと推定されています。通常、原子炉内は制御棒によって出力急増を抑える仕組みが出来ていること、万一の緊急時には緊急原子炉冷却装置が働き、絶対に安全といわれてきたものです。しかし、この事故の場合は、反応をとめるために差し込んだ制御棒は、設計ミスのためにかえって反応を増加させてしまったのです。そのうえ緊急原子炉冷却装置はなぜか切られていました

 

チェルノブイリ事故による放射能汚染
 この事故による放射能汚染被害は、広島原爆の約600倍ともいわれています。放射能は北半球全体にばらまかれ、ベラルーシ、ウクライナ、ロシアの三国だけでも900万人以上が被災し、40万人が移住させられました。短期間に大量被ばくした、80万人にも上る若い事故処理作業従業者の多くは放射線障害のために苦しんでおり、この人たちの中からいずれは何万人という死者が出ると予想されています。
被災三国では、日本の面積の4割に相当する14万5000平方メートルが、セシウム137で1平方キロメートル当たり1キューリー以上汚染されました(図1)。そこに住む人口は約590万人とわれており、これから恐らく10万人にのぼる癌が出ると考えられます。もし、東海原発でこの規模の事故がおきたら、東京は全滅ゾーンに入ってしまうのです。

詳しくは → http://www.nuketext.org/threemile.html

  

素人考えで、絶対に住んではいけない地域を「避難地域」、できれば住まないほうがいい地域を「汚染地域」とします。

避難地域(絶対住んではいけない)
「ソ連政府は事故から36時間後にチェルノブイリ周辺の区域から住民の避難を開始した。およそ一週間後の1986年5月までに、当該プラントから30km以内に居住する全ての人間(約11万6千人)が移転させられた(ウィキペディア)」とされています。

汚染地域(できれば住まないほうがいい)
「セシウム137で1平方キロメートル当たり1キューリー以上の汚染」ということを基準にすると、チェルノブイリ事故のケースでは、当該プラントから300km以内が汚染地域でした。

なお、福島原発から東京までは約200km、東海村から東京までは約100kmです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年3月11日 (金)

テレビドラマ「美しい隣人」・女は、苦しむ檀れいを見るのが好き。

NHKの「八日目の蝉」が他人の子どもを奪って逃走する哀しい女の物語だったとすると、「美しい隣人」は他人に子どもを奪われて苦しむ女の物語です。

檀れいは「八日目の蝉」では子どもを連れ去る悪女(?)・野々宮希和子を演じていました。「美しい隣人」ではわが子に嫌われて苦しむ専業主婦・矢野絵里子を演じています。ちょうど1人でコインの裏表を演じている感じです。

世の中のもう若くはない女どもは、日ごろいい年してぶりっ子をやっている(注・金麦のコマーシャル)檀れいが嫌いです。夫に浮気をされて泣き喚いたり、わが子に嫌われて嘆き悲しんでいる檀れいの姿を見るのは快感らしいです。檀れいが嫌いな女たちにとっては、たとえドラマであっても、幸せだった家庭が崩壊してヒステリーを起こしている檀れいの姿こそ蜜の味です(たぶん)。
 
 
このドラマで檀れいに対抗して魔性の女を熱演しているのは仲間由紀恵です。心を病んでいるマイヤー紗希(仲間由紀恵)の行動は冷酷で常軌を逸しています。ただ、最初のころはその異常性を悟られないようによき隣人を装っていました。紗希がその本性を晒して残忍で凶暴な女であることを隠さなくなったの第6話のラストからです。

人間の心から偽善のベールを剥ぎ取ってしまうと、理性を失った、憎しみと妬みの権化・マイヤー紗希が現れる……そう考えるとマイヤー紗希の心の闇は人ごとではありません。

それにしても、仲間由紀恵はこういう魔性の女の役をよく引き受けたものです。新境地なのかもしれませんが、こんな役をやっているとイメージが悪くなってコマーシャルの仕事が来なくなってしまうかもしれません。
  
 
このドラマが終わってくれるともう見なくて済むのでホッとします。だったら最初から見なければいいのですが、人間の心理には怖いもの見たさというのがあります。怖くて面白い「美しい隣人」はいよいよ来週が最終回です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月10日 (木)

角田光代の「空の拳」・第61回(3/4)~第63回(3/7)

第61回

中神がKO負けしてしまったのがショックだったのか、坂本秀志路にはいつもの明るさや愛想のよさがありません。相当落ち込んでいます。空也が話しかけても、ぶっきら棒な返事しか返ってきません。返事がなかったりもします。坂本は思い詰めたようにリングを見つめています。こういうときはしばらく正気になるまでそっとしておくのがいいです。

空也はもう残りの試合には興味がありません。退屈してきた空也は席を外して売店に出かけました。

売店に行くと、短い列に立花が並んでいた。その後に空也は並ぶ。
「残念だったね」立花に言うと、
「そっすね」さほど興味もなさげに言い、商品名の書かれた頭上のボードを眺めている。

立花はコーヒー牛乳とたこ焼きを買っていました。コーヒー牛乳とたこ焼きの組み合わせというのはごく普通なんでしょうか。いかにも不味そうです。立花は味覚障害ではなかろうか。

いつもなら立花は空也を避けてさっさと席に戻ってしまうのですが、このときは空也が買い物を済ませるのを待っていました。珍しく立花の方から何か訊きたいことがあったようです。

 

第62回

立花の前に並んでいた人がブラックカードを持っていました。立花はセレブが持っているブラックカードと多重債務者のブラックリストを勘違いしていて、ブラックカードを持っていた人を破産した人だと思い込んでいました。

空也がブラックカードとブラックリストの違いを説明すると、立花は自分の勘違いに気がついたらしく、なんだか落胆した様子です。

「なーんだ、はじめて破産した人を間近で見たと思ったんだけどなあ」ぼやくように言いながら、会場に戻ろうとする。

どうしてここで「破産した人」の話が出てくるのかわかりません。何かの伏線でしょうか。

 

第63回

 打ち上げ、というよりも、有志が残って残念会があった。立花も中神母もおらず、有田と林、丸尾夫妻に坂本、あとはジムの練習生四人が居酒屋の座卓を囲んでいる。

残念会というのは、負けた本人が気を遣って、落ち込んでいる周囲の人を励ます会になってしまうのが通例です。周囲が気にするほど(自分の実力を知っている?)負けた本人は落ち込んではいないものです。

中神の話によると、今日は腹をこわしていて体調がよくなかったとのことです。

「いや、昨日測定のあと、馬鹿食いしちゃって」中神が笑いながら答え、何か空也は違和感を覚える。何に対しての違和なのか、わからないながら、しかし何か、小石の入った靴に足を通したような、飲み込んだ味噌汁に髪の毛が入っていたような、そんな感触が空也の内に残る。

空也としては、中神がヘラヘラ笑っているその場の雰囲気にウソのにおいを感じたのでしょうか?この違和感というのが何なのかよくわかりません。

「馬鹿食いなんかするなよ」ずっと黙っていた坂本が、安心したように、笑う。

この一行もわかりにくいです。もしこの箇所が入試問題として出題されたとします。次のような設問にどう答えますか?

 問1. なぜ坂本はずっと黙っていたのでしょうか?
 問2. なぜ坂本は安心したように笑ったのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 8日 (火)

テレビドラマ「最上の命医」・あれ?比嘉愛未がいないよ。

テレビドラマ「最上の命医」はなんとも地味なドラマです。だって、主人公の小児外科医・西條命(さいじょうみこと)がつげ義春(斎藤工のこと)なんですから。おまけにヒロインだったはずの瀬名マリア(比嘉愛未)が転勤ということで第7話からいなくなってしまいました。

比嘉愛未は出演者の中では一番ギャラが高そうです。予算がなくて比嘉愛未にギャラが払えなくなってしまったのでしょうか?それにしても途中でヒロインがいなくなってしまうドラマって、すごいと思いませんか?

ヒロインがいなくなってしまったことにやはり疑問を感じたのか、京大入試カンニング事件(?)で一躍有名になった「Yahoo!知恵袋」で「最上の命医 比嘉愛未降板の理由」について質問している人がいました。(建前としては?)最後に派手に再登場するための演出らしいです。

このドラマけっこう好きなんですけど、西條命って最後に死んでしまうのでしょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 7日 (月)

9月からの朝ドラ、ヒロインに尾野真千子さん

読売新聞 3月7日(月)19時58分配信

 NHKは7日、9月末から始まる連続テレビ小説「カーネーション」のヒロインに、女優の尾野真千子さん(29)を起用すると発表した。

 尾野さんは奈良県出身。1997年に映画「萌(もえ)の朱雀」で主演デビューし、ドラマでも活躍している。尾野さんは記者会見で「朝ドラのヒロインは、ずっと憧れていた夢。元気いっぱい、100%の力で頑張りたい」と意気込みを語った。

 「カーネーション」は、大阪・岸和田で洋装店を営みながら、ヒロコ、ジュンコ、ミチコのコシノ3姉妹を世界的なファッションデザイナーに育てた小篠綾子さん(1913~2006)がモデルの一代記。

尾野真千子といえばあの「Mother」で怜南(芦田愛菜)の母親役だった人ではありませんか!!この人、古くからの(?)すごい女優さんだったんですね。

尾野真千子の実年齢は29歳ですが、10代の女学生も、45歳の母親も、違和感なく(?)演じられるキャラが評価されたみたいです(オーディションには1850人が応募したとか)。

尾野真千子は報道陣に“朝ドラ”のイメージを訊かれて、「出たら有名になれる」と答えたそうです。なんという素晴らしい答えでしょうか。たしかにその通りです。

「Mother」のときは子どもを虐待する鬼母の役であまりいい印象はありませんでしたが、あのときはそういう役なんだから仕方ありません。“朝ドラ”ではたぶんちゃんとした(?)ヒロインの役なので好感度もアップするのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 6日 (日)

アニメ「バクマン。」・第22話「団結と決裂」を観る

福田真太、真城最高、高木秋人、中井巧朗の4人は、ジャック編集部に乗り込んできました。金未来杯で一番になるためにミュージシャンとしての人気を利用しようとしている間界野昂次(=KOOGY)のやり方に抗議するためです。

遊栄社の受付で用件を訊かれたとき、最高たちは福田真太が「ジャックの編集長に用があるから会わせろ!!」と言い出すのではないかとビクビクしていました。でも、さすがに福田真太も少し遠慮したみたいです。新人マンガ家にとって編集長というのは雲の上の人です。とりあえず相田さん(「HIDEOUT DOOR」の担当)との面会を申し出ました。金未来杯エントリー作品の担当編集者の中では相田さんが一番エライみたいです。
 
 
金未来杯にエントリーしたメンバーが血相を変えてジャック編集部に乗り込んできても、佐々木編集長は「やっぱり来たか。青春だね」ぐらいにしか思っていません。「若いっていうのはいいよなあ」というのが佐々木編集長の感想です。
 
 
編集部に乗り込んで来た福田たちを最初に応対したのは雄二郎さんでした。

 「(間界野昂次のやり方は)タレントが選挙出て票とるのと同じじゃないすか」

と抗議する福田に雄二郎さんが言いました。

 「それが何か悪いとでも?もしそういう結果(間界野昂次が一番)になってもマンガ家は人気商売だ。人気を取った者の勝ちだな」

内心では雄二郎さんも間界野昂次のやり方を苦々しく思っています。でも、すでに金未来杯にエントリーされていることを本人が公表してしまった以上、今から間界野昂次を外すわけにはいきません。外せば逆に問題になります。商売上よろしくありません。他のエントリーメンバーには内容(=マンガとしての面白さ)で勝負してもらうしかありません。

最後に佐々木編集長の鶴の一声です。

  「マンガは面白ければいいんだ。面白ければ連載される。当り前だ」

要するに「(くだらんことに拘っていないで)面白いマンガを描くことに全力を尽くせ!!」ということです。最高たちに対する叱咤激励ですね。
 
 
編集長に諭されて、最高たちはマンガで勝負して間界野昂次を叩きのめそうと考えるようになります。思いは同じの福田真太が作戦会議を開くことを提案しました。

 「俺たち3組、ネーム見せ合おうぜ。(間界野昂次に対抗するために)意見出し合ってより面白くする」

なんだかこちらのほうがずるいような気もしますが、福田真太によれば、「オレたちはライバルであると同時に仲間だからいいんだ」そうです。
 
 
最高たちは、服部さんに人数分のネームをコピーをしてもらって新妻エイジの仕事場に移動することにしました。作戦会議です。「HIDEOUT DOOR」の原作者である蒼樹紅も参加します。

 

新妻エイジの仕事場でお互いのネームを見せ合ってから到達した結論は、

  「自分の作品が一番面白い!!」

ということで全員一致です。お互いの作品のネームを読んでお互いにライバルであることを改めて再確認したみたいです。「何が何でも一番になって連載を」という気持はみんな同じです。自分の作品が一番面白ければ、他の作品を面白くするための意見交換などしたくないと考えるのは人情です。なんだかエゴ丸出しになってきましたが意見交換は決裂です。
 
 
お互いの意見交換は取りやめになりましたが、特別ゲスト(?)として作戦会議に参加していた仕事場の主でもある新妻エイジの意見を訊いてみることにしました。第三者的立場の客観的意見です。

  「三番は決まりですけど、一番は引き分けです」

これが新妻エイジのご宣託です。三番に気の毒なのでこれ以上はノーコメントだそうです。新妻エイジの眼力は編集者よりも鋭いです(たぶん)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 5日 (土)

岡田氏「外相辞任は不要」…外国人献金問題

読売新聞 3月5日(土)12時1分配信

 政治資金規正法の禁じる外国人からの政治献金を受けていた前原外相の問題を巡り、民主党の岡田幹事長は5日、テレビ東京の番組で、外相辞任は不要だとの考えを示した。

 岡田氏は「金額も限られており、事務的ミスだ。いちいち閣僚を辞めることに結びつけることが適切か」と強調した。

だいたい民主党という政党は、在日外国人が党員やサポーターになることを認めている政党です。

民主党の党員の募集要項は次のようになっています。

○民主党の基本理念と政策に賛同する18歳以上の方なら、どなたでもなれます。
 (在外邦人または在日外国人の方でもOKです。)
○党費は、年間6,000円です。
○資格期間は、お申し込み手続きが完了した日から1年間です。
お申し込み手続きは通年、民主党の総支部でお受けしております。
所属は、お申し込み手続きをした総支部になります。
 (総支部とは、衆議院・参議院の各議員、または公認候補者等を代表者とする民主党の地域組織です。)

○党員は、代表選挙で投票することができます。
○党員は、民主党の運営や活動、政策づくりに参画することができます。
○党員は、民主党の広報紙「プレス民主」( 月2回発行 )が送付されます。
○党員の権利や活動は、民主党規約や組織規則・倫理規則で定められており、それ以外の義務やノルマ等はありません。

詳しくは → http://www.dpj.or.jp/sub_link/volunteer/

在日外国人でも党員になれるという民主党の発想からすれば、在日外国人が党員になって党費を納めるのと在日外国人個人による直接の献金とどこが違うのかということになります。だから「金額も限られており、事務的ミスだ。いちいち閣僚を辞めることに結びつけることが適切か」となってしまうのだと思います。

なお、枝野幸男官房長官のオフィシャルサイトによると、「どの地域にお住まいでも埼玉5区(の総支部)に所属できますが、年度中の総支部間の移動はできません」となっています。つまり、枝野幸男に党費を渡したかったらどこに住んでいても埼玉5区で党員登録してくださいということですね。

この制度を利用すると、日本全国の在日外国人が自分たちの利益代表としてある特定の民主党議員に集中的に党費を渡すことができます。党費がひとり6000円としても党員が1万人なら6000万円になりますぞ。

民主党の党員名簿は当然のことながら公開されていません。したがって、党員に在日外国人が何人いるのかとか、どこの総支部に何人属しているのかといったデータは外部からは窺い知ることができません。

前原外相は辞めるにしても辞めないにしても、自分が代表を勤めている総支部に党員とサポーターが何人いて、そのうち在日外国人が何人なのか、その正確なデータを公表してもらいたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 4日 (金)

角田光代の「空の拳」・第56回(2/26)~第60回(3/3)

第56回

いよいよ10月13日(金)がやってきました。この日のメインイベントは日本スーパー・ライト級タイトルマッチです。バンタム級の中神真の試合は全六試合の二試合目です。

プロボクサーのライセンスには、A級(八回戦)、B級(六回戦)、C級(四回戦)の区別があります。アマチュアで実績のある選手を除けば普通はC級からスタートです。C級で四勝(引き分けは1/2勝)するとB級に進み、B級で二勝(引き分けは1/2勝)するとA級に進めます。中神真のこれまでの戦績は九戦五勝二KOです。つまり今日の試合に勝てばA級ボクサーになれます。A級ボクサーになれば、八回戦、十回戦、十二回戦の試合に出場することができるようになります。いわば一人前(?)のプロボクサーです。今日の試合は中神にとってA級ライセンスのかかった大切な試合です。

チケットは二枚買ったが、倉田真喜にも橋爪雅人にも断られ、鹿野もべつの仕事があるとかで、(空也は)ひとりでの観戦になった。

倉田も橋爪ももともとボクシングに興味があるわけではなく、自分の担当している選手の試合を義務的に見ることはあっても、自分に関係のない選手の試合までわざわざ観戦に来たりしません。せっかく買ったS席なのに空也の隣りは空席になってしまいました。空也の隣りに限らずこの日の会場は空席が目立っていました。
 
 
第57回

空也は隣の空いている席を観戦に来ていた立花に勧めましたが、立花は遠慮して自由席にいってしまいました。立花は悪役キャラだから好青年なのがバレてしまうとまずいのです。トレーナーの有田から取材記者(空也のこと)と親しくしないようにと言われているのだと思います。

立花のかわりにやってきたのは坂本です。坂本は勧められたわけではないのに空也の隣りに座ってしまいました。「(チケットは持ってないけど)どうせ空いているんだから近くで見たい」というのが坂本の言い分です。坂本は遠慮深い立花とは対照的にちゃっかりしています(社会人になったら出世するタイプかもしれません)。

中神のバンタム級は二試合目である。照明の落ちた会場にストーンズの「サティスファクション」が流れ、有田と林、丸尾剣を従えて中神が登場する。

中神のような地味な(?)ボクサーでも入場曲は気分を高揚させてくれる派手な曲がいいです。ストーンズの「サティスファクション」は悪くないと思います。
 
1990年にローリング・ストーンズが初来日したときの映像です。

 

第58回

ゴングが鳴り、両者がグローブを合わせて試合がはじまる。どちらも相手を見定めるかのごとく、軽いジャブの応酬が続く。ときどき双方、ストレートやフックを出すが、決定打はないまま試合は続く。

中神の対戦相手は、二十五歳でこれまでの戦績が十戦四勝一KOということはわかっています。しかし名前がわかりません。読者に名前を教えないまま試合がはじまってしまいました(わざとか?)。

「なにちんたらやってるーッ」ひときは大きな、しかも女性の野次が飛び、空也は思わずあたりを見まわす。

さかんに野次を飛ばしているのは興奮した中年女性(五十歳ぐらいか?)です。この人、中神の母親でした。坂本は中神の母親とも知り合いみたいです。

一ラウンドは、強力な打ち合いがないままに静かに終了しました。そして、第二ラウンドのゴングが鳴ります。
 
 
第59回

リーチが長い相手の選手はジャブで牽制しながら、自分のパンチだけが当たる距離を保って戦おうとしています。中神としてはなんとか懐に潜り込んで接近戦に持ち込みたいところです。しかし、なかなか思うようなボクシングをさせてもらえません。

 近づこうとすると相手のパンチを受けてしまう。隙をつこうとしているのになかなか隙が生まれない。中神がジリジリしているのが空也にもわかった。

二ラウンドが終了して、三ラウンド目に入ると激しい打ち合いになりました。やがて中神真はロープに追い詰められ相手の執拗な猛ラッシュを浴びて防戦いっぽうになります。

いけいけ、KOしろっ、今だ今ー、まだいけるまだいける、さまざまな声がわき上がり、真ーッ、真ーッ、真ーッ、たえろ真ーッ、中神の母の声がひときわ大きく響き渡る。

 

第60回

三ラウンドは何とか持ちこたえた中神でしたが、四ラウンド目にはすでに戦意を喪失していました。相手のボディ攻撃をまともにくらってダウン、レフリーストップで試合終了です。

「たぶん三ラウンド目のラッシュで、そうとうボディもらったんだと思う。四ラウンド目で、とどめの一発をもらったというより、限界がきたんじゃないかな」坂本はリングをおりる中神を見つめて言い、「と、思います」とつけ加えた。

集団で応援に来ていた中神の母親は、真が負けるのにはもう慣れているみたいで試合後はいたって冷静でした。

中神母は笑顔で周囲の人々に頭を下げ、彼らも笑顔で彼女の背をたたいたり、うなずいたりし、あっという間に彼らは去る。そこだけぽっかりと席が空いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 1日 (火)

連続テレビドラマ・2月の視聴率

主な連続テレビドラマの2月の視聴率を調べてみました。1週(1/312/6)、2週(2/72/13)、3週( 2/142/20)、4週( 2/21 2/27)です。

主演俳優が視聴率を支えている感じのドラマと主演俳優の力だけでは如何ともしがたい失敗作がなんとなく見えてきませんでしょうか?

タイトル

主 演

1週

2

3

4

大切なことはすべて君が……

戸田恵梨香/三浦春馬

10.5

11.0

12.1

12.1

CONTROL~犯罪心理捜査

松下奈緒/藤木直人

12.0

13.3

13.5

13.7

美しい隣人

仲間由紀恵/檀れい

10.9

12.2

12.7

13.8

相棒

水谷豊/及川光博

20.4

21.2

23.7

美咲ナンバーワン

香里奈

10.4

9.9

9.9

8.5

ホンボシ~心理特捜事件簿

船越英一郎

10.2

11.3

12.3

11.7

告発~国選弁護人

田村正和

10.5

10.3

9.6

9.0

外交官 黒田康作

織田裕二/柴崎コウ

10.6

9.9

8.9

8.8

悪党~重犯罪捜査班

高橋克典

8.8

9.9

13.3

LADY~最後の犯罪プロファイル

北川景子

10.5

7.5

8.3

7.2

バーテンダー

相葉雅紀

11.0

10.6

10.9

9.2

デカワンコ

多部未華子

12.5

12.7

13.3

13.1

江~姫たちの戦国

上野樹里

22.0

19.6

18.5

20.9

冬のサクラ

草彅剛/今井美樹

12.3

12.5

12.8

14.6

スクール!!

江口洋介

7.8

7.7

9.0

8.9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年6月 »