« 未曾有の大災害で見せた日本人の冷静な対応に驚きの声―中国 | トップページ | 使用済み核燃料プールの大きさは? »

2011年3月14日 (月)

蓮舫大臣、都知事に節電協力を要請

TBS系(JNN) 3月14日(月)18時8分配信

「人命救助を優先してきたが、電力の問題も段階を踏んでやりたい。その上で全面的に協力を頂きたい。執務室もずいぶん暗くして頂いて・・・」(蓮舫 節電啓発担当相)

 東京電力管内の3割の電気が東京都内で使用されているとして、節電の協力を要請した蓮舫大臣でしたが、逆に、石原知事は、節電に向けた政令を出すべきと、政府に注文をつけました。

 「こういう事態のときは何で政令を出さないんですか。政令出すべきですよ。政府の権限なんだから。10時以降消灯、ネオンはつけるなとかね」(石原慎太郎 都知事)

 石原知事からは、この他、「コンビニを一晩中開ける必要はない」といった意見や、ネオンや自動販売機などで節電するという注文が出されました。

 

電気は作り溜めができないと聞きます。つまり、ピーク時の需要をどのようにして抑えるかが重要で、夜中に節電しても意味ないのではないでしょうか?

東京電力の「計画停電」が、朝も昼も見送られたのに、夕方になって一部で実施せざるをえなくなったのは、夕方の電力需要が供給能力を超えてしまったからだと思います(それにしてもわざわざ被災地の避難所がある地域の電気まで止めてしまうというのはひどい話です)。

もし、政府の権限で政令を出すなら、東京23区も含めて、大きな家も小さな家も、豊かな家も貧しい家も、家庭用のヒューズはすべて15アンペアに取り替えるというのはどうでしょうか?各家庭は無節操に電気を使うとヒューズがとんでしまいます。自己責任ということでその家だけ停電です。

家庭のヒューズを15アンペアに切り替えることによって全体の需要量が抑えられるなら、公共の交通機関を運休させなくてもすむかもしれません。

|

« 未曾有の大災害で見せた日本人の冷静な対応に驚きの声―中国 | トップページ | 使用済み核燃料プールの大きさは? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122218/39229306

この記事へのトラックバック一覧です: 蓮舫大臣、都知事に節電協力を要請:

« 未曾有の大災害で見せた日本人の冷静な対応に驚きの声―中国 | トップページ | 使用済み核燃料プールの大きさは? »