« 忌野清志郎 ベスト3を聴く | トップページ | 脚本・坂元裕二の「それでも、生きてゆく」第4話を観る »

2011年7月26日 (火)

予約期間中にAC電源が抜けていた

集合住宅に住んでいます。テレビ放送はケーブルテレビ(J:COM)経由です。
 
2007年12月から Panasonic の品番DMR-XP21VのDVDレコーダーを使っています。最近どうも調子が悪くて頻繁に予約録画に失敗します。

予約した時間の約1分前になると、本体表示窓の赤い「録画」のマークが点滅して、この点滅が点灯に変わると録画が始まるのですが、失敗する時というのは、赤い「録画」のマークが点滅を始めた後、予約録画の赤い時計のマークが消えてしまいます。同時に点滅していた「録画」のマークも消えます。

① 電源を入れると、次のようなメッセージが表示されます。

  動作を継続できませんでした。
  自動で電源を切り、自動診断を
  始めます。
  決定ボタンを押してください。

② 決定ボタンを押すと、しばらくしてから次のようなメッセージが表示されます。

  自動診断が正常に完了しました。
  自動で電源を切ります。
  しばらくお待ちください。
  電源が切れましたら、電源ボタンを
  押してください。

③ 電源が切れてから電源ボタンを押しても何の反応もありません。しばらくすると自動で電源が入ります。そして再び①のメッセージが表示されます。予約期間中は無限ループのように延々と①と②のメッセージが繰り返されます。
 
 
予約期間が過ぎてから、未実行だった予約番組の実行結果をチェックすると、次のようなメッセージが表示されています。

  □予約の無効
  予約期間に実行を開始できない状態であったため録画できませんでし
  た。
  以下の現象が予想されます。
  ・予約期間中にAC電源が抜けていた。

  《詳細》
  (録画モード)SP
  (その他)0000

この「AC電源が抜けていた」というのはほとんどありえない現象です。そこで、

  「予約期間中にAC電源が抜けていた」

と入力してネットで検索したところ、機種は違いますが、やはり同じトラブルで録画に失敗している人がいました。
    ↓
http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000048391/SortID=10625085/
 
 

チャンネルと時間を指定してアナログ放送を録画していたときは、録画に失敗するというトラブルは皆無でした(チャンネルや指定時間を間違えたことはありますが、そういうのはもちろん自己責任です)。
 
地デジになって録画予約は簡単になりましたが、トラブルが頻発します。試しに地デジでも「番組表」を使わないでチャンネルと時間を指定して録画予約をしてみました。しかしやはりトラブルが起きます。困ってしまいました。アナログ放送が懐かしいです。

|

« 忌野清志郎 ベスト3を聴く | トップページ | 脚本・坂元裕二の「それでも、生きてゆく」第4話を観る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122218/40960549

この記事へのトラックバック一覧です: 予約期間中にAC電源が抜けていた:

« 忌野清志郎 ベスト3を聴く | トップページ | 脚本・坂元裕二の「それでも、生きてゆく」第4話を観る »