« 「バクマン。2」・第2話<文集と写真集>を観る | トップページ | 山田風太郎の「あと千回の晩飯」(朝日文庫)を読む »

2011年10月11日 (火)

脚本・尾崎将也の「幸福の黄色いハンカチ」を観る

この映画は観たことあるなと思いつつ、9時を少し過ぎてからテレビのスイッチを入れたら、いきなり阿部寛が出てきたのでびっくりしてしまいました。てっきり高倉健の映画だと思っていたのです。とんだ勘違いでした。なんのことはありません。昔の映画をリメイクしたテレビドラマでした。阿部寛が主演でしたが、確かに現役(?)の俳優で若き日の高倉健のイメージをなんとか再現できるのは阿部寛ぐらいしかいないかもしれません。

主人公の雰囲気が「白い春」の佐倉春男に似ていると思っていたら、同僚の魚師役で遠藤憲一も出てきました。これじゃあ「白い春」だよ。若い男女に中年のおじさんの3人組というのも「白い春」のパターンです。意識的なのか無意識なのかわかりませんが、「白い春」をベースにして映画の「幸福の黄色いハンカチ」を脚色している感じです(シャレのつもりかもしれません)。

ドラマではtaspo(タスポ)がないと自動販売機で煙草が買えなかったり、携帯電話が出てきたり、時代を現代に移した物語になっていました。この「幸福の黄色いハンカチ」はラストシーンをいかにドラマチックに演出するかが肝です。時代背景や主人公を取り巻く人間関係などの設定は時代の空気に合わせてどのようにでも変更できます。

早い話が、映画を観たことは覚えていても、映画の細かい設定などはすっかり忘れています。いつどこで観たのかさえ覚えていません(おそらくはテレビで放送されたのを観たのだと思います)。それでも、はっきりと記憶に刻まれているのは、感動のラストシーンです。待っている女が妻なのか恋人なのか、細かいことはすっかり忘れていても、このドラマのラストシーンだけは鮮明に記憶に残っています。

「幸福の黄色いハンカチ」はラストを知ってから観るとより感動が深まります。初めて観たという人は録画してもう一度観るといいです(もう遅いか?)。

|

« 「バクマン。2」・第2話<文集と写真集>を観る | トップページ | 山田風太郎の「あと千回の晩飯」(朝日文庫)を読む »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 脚本・尾崎将也の「幸福の黄色いハンカチ」を観る:

« 「バクマン。2」・第2話<文集と写真集>を観る | トップページ | 山田風太郎の「あと千回の晩飯」(朝日文庫)を読む »