« 「家族のうた」は「家政婦のミタ」である? | トップページ | 夏樹静子原作、武井咲主演の「Wの悲劇」は面白い? »

2012年5月14日 (月)

脚本・尾崎将也の「梅ちゃん先生」・下村梅子の誕生日は?

4月21日放送の第18回に下村梅子の卒業証書が出てきました。その卒業証書には梅子の誕生日が記されていました。梅子の誕生日は昭和4年3月5日です。この誕生日をもとに梅子の履歴書を作ってみました(NHK広報の制作発表資料によると、昭和20年、終戦直後の東京で暮らしていた梅子は17歳ということになっていました。昭和4年3月5日が誕生日なら、終戦直後の満年齢は16歳ですが、数え年なら17歳です)。

下村梅子の履歴書(転校はなかったものとします)

 学 歴
昭和10年4月 △△尋常小学校入学
昭和16年3月 △△尋常小学校卒業
昭和16年4月 ○○高等女学校入学
昭和21年3月 ○○高等女学校卒業 ←この卒業証書に生年月日が記されていた
昭和21年4月 城南女子医学専門学校入学
昭和22年4月 城南女子医学専門学校2学年に進級

 職 歴 
アルバイト若干(体温計売り・コーラ作り・ダンスパーティ入場券販売)

 賞 罰
 な し

 特 技
 な し

 特 徴
字が汚い。絵がヘタ。よく勘違いをする。いつもボーッとしている。
 
 
 
5年だった高等女学校の修業年限は昭和18年の「高等女学校規定」で4年を上限とすると改められました。梅子は昭和16年に入学しているので微妙です。ドラマでは(計算上)5年通ったことになっています。

もうひとつ疑問だったのは尋常小学校の入学年齢です。満年齢が基準になっていたのでしょうか、それとも数え年が基準になっていたのでしょうか。昔は一般的には満年齢よりも数え年が主に使われていました。あまりにも数え年が横行するので、満年齢を普及させるために「年齢のとなえ方に関する法律」が作られたくらいです(1950年1月1日施行)。

昔のことだからいい加減で(「おらの息子は来年からにすっぺ」とか)だったのかもしれないと思いつつ、尋常小学校の入学年齢について調べてみると、辞書には、はっきり、「満6歳以上」と明記されていました(昔の政府をなめてはいけない?)。
 
 
さて、昭和22年になって梅子は満18歳(数え年では19歳)になりました。「梅ちゃん先生」で年齢が判明しているのは今のところ梅子だけです(たぶん)。そこで登場人物の年齢をいろいろ推定してみました。だいたい俳優・女優の実年齢(あくまでもプロフィール上の)よりマイナス5歳が基準です。

昭和22年4月現在の登場人物の推定年齢(満年齢)

堀北真希(23)     下村梅子(18)
高橋克実(51)         建造(46)
南果歩(48)           芳子(43)
倍賞美津子(65)       正枝(65)←若くできなくてごめん。
ミムラ (27)           松子(23)
小出恵介(28)        竹夫(22)

片岡鶴太郎(57)    安岡幸吉(52)
大島蓉子 (57)         和子(52)
松坂桃李(23)          信郎(18)

徳永えり(24)       澤田弥生(18)  
黒川智花(22)      須藤雪子(18)
西原亜希(24)      瀬川典子(?)←4歳の子どもがいる
白鳥久美子(30)    園田江美(19)←4月生まれということにしておきます

大和田伸也(64)    扇田先生(59)
田中要次 (48)     柴田先生(43)

鶴見辰吾(47)      立花陽造(42)
 
宇野実彩子(25)   矢吹あかね(23)←キャバレーの歌手。若すぎてはいけない。

満島真之介(22)    山倉真一(22)

岩崎ひろみ(35)     三上康子(30)

高橋光臣(30)      松岡敏夫(24)←病気で三年間休学している。

平岳大(37)        真田伸吉(29)←松子とあまり年が離れていてはいけない。

|

« 「家族のうた」は「家政婦のミタ」である? | トップページ | 夏樹静子原作、武井咲主演の「Wの悲劇」は面白い? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 脚本・尾崎将也の「梅ちゃん先生」・下村梅子の誕生日は?:

« 「家族のうた」は「家政婦のミタ」である? | トップページ | 夏樹静子原作、武井咲主演の「Wの悲劇」は面白い? »