« 脚本・尾崎将也の「梅ちゃん先生」・梅子の女帝(?)ぶりと信郎の恐妻家ぶりがすっかり板についてきました。 | トップページ | フジテレビの月9ドラマ「リッチマン、プアウーマン」が面白い »

2012年9月 8日 (土)

「ファイアーエムブレム 覚醒」・ルナティック+ 「外伝2 秘密の行商人 (Map 兄弟山賊の縄張り)」の攻略法

「外伝2 秘密の行商人 (Map 兄弟山賊の縄張り)」の攻略法

以下は「任天堂公式ガイドブック ファイアーエムブレム覚醒」(小学館)の66ページのマップに従って説明します。
 
条件
 1.難易度・ルナティック+
 2.モード・クラシック

出撃ユニットと主な携行武器は以下の通りです。

 クロム Lv.7/封剣ファルシオン、レイピア、サンダーソード、エリウッドの剛剣
 リフレ(マイユニット) Lv.11 /エルサンダー、セリカの疾風、
 フレデリク Lv.11 /手槍、キラーランス、手斧、ゲイボルグ
 リズ Lv.11/ライブ、リブロー
 ミリエル Lv.2/ファイアー
 スミア Lv.1/鉄の槍 
 ロンクー Lv.5/キルソード 
 ヴィオール Lv.4/鉄の弓、下克上の弓
 ソワレ Lv.2/鉄の槍、青銅の剣
 マリアベル Lv.3/ライブ、リライブ

初期配置

 ミリエル
 リズ、、クロム、リフレ
 ソワレ、ロンクー
 マリアベル、ヴィオール、フレデリク、スミア

外伝2は、リブローの杖を諦めてクリアするだけなら比較的簡単だと思います。しかし、敵より先に北東にある村を訪れてリブローの杖を手に入れようとすると極端に難しくなります。フレデリクが敵より先に北東の村を訪問できるかどうか、まさにタッチの差を争う戦いになります。また、中立ユニットのアンナが途中で退場してしまうのは防ぎようがありません。このお姉さん、調合薬持っているのに使ってくれないんだもんなあ。ここはリブローの杖を手に入れればよしとします。
 

1ターン目
 
1.まず、リフレ(+ミリエル)で⑮の蛮族を左斜め下から攻撃します。これは倒せても倒せなくても必ず攻撃します。スタートの合図のようなものです。

2.次にフレデリクをスミアに乗せ、川を渡ってから「交代」して⑬の魔道士(または⑮の蛮族)を遠隔攻撃します。⑳の蛮族がカウンターのスキルを持っている場合は⑳の蛮族を攻撃することもあります(この場合は⑳の蛮族の右斜め下から遠隔攻撃)。

3.⑰の蛮族の攻撃だけが届くマスが一箇所だけあります(初期配置のミリエルの一つ上のマス)。クロム(+ロンクー)はこのマスに移動して待機します。クロム(+ロンクー)は敵のフェーズで必ず⑰の蛮族を倒さなくてはいけません(クロムにエリウッドの剛剣を装備させるといいです)。

4.残りの自軍ユニットは敵の攻撃範囲に入らないよに注意して待機します。森の中は移動が厳しいですが、回復役ユニットなどの移動には、

 移動→ダブル→移動→手前に下ろす

を使いましょう。
 
 

2ターン目以降

フレデリク(+スミア)はとにかく全力で北東の村を目指します。でも、間に合わないことの方が多いです。間に合う確率は1/10もなかったような気がします。

残りの自軍ユニットは川の西側で南下してくる敵と総力戦です。この総力戦もよほど運がよくないと勝てません。

せっかくフレデリクが村を訪問したのに川の西側で犠牲者が出たり、川の西側は制圧したのに村の訪問が間に合わなかったりで、村の訪問と川の西側の制圧の両方が同時に成功する確率はかなり低いです。奇跡を信じてリセットを繰り返しながら気長に頑張りましょう。

 
終盤

北東の村でリブローの杖を手に入れると敵将(?)ハンサムが動き出します。ハンサムはトマホークを装備していますがあまり強くありません。フレデリク(+スミア)で攻撃すれば楽勝だと思います。

|

« 脚本・尾崎将也の「梅ちゃん先生」・梅子の女帝(?)ぶりと信郎の恐妻家ぶりがすっかり板についてきました。 | トップページ | フジテレビの月9ドラマ「リッチマン、プアウーマン」が面白い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122218/46995502

この記事へのトラックバック一覧です: 「ファイアーエムブレム 覚醒」・ルナティック+ 「外伝2 秘密の行商人 (Map 兄弟山賊の縄張り)」の攻略法:

« 脚本・尾崎将也の「梅ちゃん先生」・梅子の女帝(?)ぶりと信郎の恐妻家ぶりがすっかり板についてきました。 | トップページ | フジテレビの月9ドラマ「リッチマン、プアウーマン」が面白い »