« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月29日 (月)

「小田急沿線 自然ふれあい歩道」・玉川大学の女子学生はとても親切で美人でした(うそ)

先日、「小田急沿線 自然ふれあい歩道」の「鶴川駅コース」(№21 約5.0km)を歩きました。鶴川駅の北口を出て踏み切りを渡り、鶴見川沿いを東に進み、岡上橋のところで右折して東光院を経て岡上小学校に向います。

「岡上小北」の信号を左折してガードレールのある坂道を上っていくと一瞬ここでいいのかとためらってしまう私道のような細い山道があります。この山道を息を切らせながら上っていくとやがて舗装された広い道路に出ます。道路の両側は桜並木とカキ畑です。人通りはほとんどありません。のどかな田園風景が広がっています。

カキ畑をまっすぐに進んで突き当たりを右折し、さらに進むと正面に何とかセンターの工事現場が見えてきます。工事現場のT字路を左折すると大きな通りに出ます。ぼんやりしているとここで道を間違えます。つい大通りを進んでしまうのです。正しいルートは大通りではなくてその手前の細い坂道です。

里山が眺望できるこのあたりが「鶴川駅コース」の中間地点です。ここからは岡上の尾根道を通って鶴川駅に向うことになります。しかし、チラシの地図に「家の前を鋭角に大きく廻り込む」と書かれているところで道を間違えてしまいました。大きく廻り込まずに道なりに南西方向に進んでしまったのです。

コースを外れたこの南西方向の道は、驚いたことに、なんと、玉川大学のキャンパスに通じていました。裏口のため門もなにもなく、気がついたら玉川大学のキャンパスに迷い込んでいました。玉川大学のキャンパスはその敷地が広大です。どちらに向えば出口があるのか迷子になってしまいました。

キャンパスを歩いている学生の群れについていけば出口に辿り着けると思ったのですがこれは間違いでした。学生たちは別の校舎へ向って移動しているだけでした。くそっ。
 
三叉路のところの掲示板に案内図があるのを見つけました。しかしその案内図には現在位置とか出口とかの表示がありません。当り前ですがその案内図は裏口から迷い込んでくる人を想定していないんですね。

まっすぐに進むべきか左に曲がるべきか、どうしたものかと三叉路で迷っているとちょうど二人連れの女子学生が通りかかりました。「自然ふれあい歩道」を散歩していたら道に迷って裏口から迷い込んでしまった経緯を説明して、どっちが出口なのかを訊ねたら、笑いながら教えてくれました(すぐちかくに出口がありました)。

「鶴川駅コース」のお散歩ガイド
    ↓
http://www.odakyu.jp/walk/13/print/guide_4.pdf

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「小田急沿線自然ふれあい歩道」の楽しみ方・知らない街を歩いてみたい?

知らない街を散歩するというのはけっこう楽しいものです。しかし意味もなく知らない街を歩いていると、お巡りさんに職務質問されて返答に窮する恐れもあります。そんなときに便利なのが「小田急沿線自然ふれあい歩道」です。

小田急沿線には、最寄り駅の自然や文化財などを紹介する「自然ふれあい歩道」という散歩コースが多数設けられています(各コースの最寄駅には「コース別のチラシ」が置いてある)。中には散歩というよりハイキングに近いコースもありますがこの散歩コースを歩き出すとやみつきになります。チラシの地図1枚だけ持って迷いながら歩くのが楽しいです。

地図に載っている魚屋がなかったり、地図では駐車場になっているところに新しい建物が建っていたり、地図に載っているコンビニがいくら探しても見つからなかったり、チラシの地図とは違っている箇所が結構あります。また、カーブミラーやクルマ止めなどはいたるところにあるため、地図に記載があっても参考程度にしかなりません。公園内や山道などは地図に枝道が記載されていないため、地図通りのコースを歩くのに苦労します。

目印のない住宅地の中で道を間違えると、自分がどこにいるのかわからなくなって途方に暮れることもあります。そんなときは、引き返して目印のある場所まで戻らなくてはなりません。「代々木八幡駅~代々木上原駅コース」ではチラシの地図の番地表示が間違っていてひどい目に会いました。方向音痴の人は要注意です。

方向音痴ではないから地図が1枚あれば絶対に迷わないという自信のある人は、コースを逆回りしてみるといいです。チラシの地図は逆回りを想定して作られていませんから難易度(?)が大幅にアップします。「鶴巻温泉駅コース」の長福寺のあたりとか、「愛甲石田駅コース」の塚越公園のところとか、逆回りでコースを外れずに歩けたらたいしたものです。

道に迷いたくないという人はスマホのGPS機能で現在位置の確認もできます。しかし便利すぎるというのも興醒めです。
 
 
「ファイアーエムブレム 覚醒」の難易度にたとえると、
 
 スマホのGPS機能を使う → ノーマル
 詳しい地図を併用する → ハード
 チラシの地図のみ → ルナティック
 チラシの地図のみで逆廻り →  ルナティック+

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月28日 (日)

「ファイアーエムブレム 覚醒」・ルナティック+ 「18章 双剣の兄妹 (Map ドーマの贓物)」の攻略法

「18章 双剣の兄妹 (Map ドーマの贓物)」の攻略法

以下は「任天堂公式ガイドブック ファイアーエムブレム覚醒」(小学館)の174ページのマップに従って説明します。

18章はカウンターのスキルを装備したおびただしい数の敵と戦うことになります。いやあ苦労しました。宝箱を放棄して気長に戦えばそれほど難しい章ではないのですが、4つの宝箱を回収しようとすると地獄の苦しみです。

条件
 1.難易度・ルナティック+
 2.モード・クラシック
  3.4つの宝箱を回収する

出撃ユニットと主な携行武器は以下の通りです。

 クロム(マスターロード) Lv.11/勇者の剣、封剣ファルシオン
 ルフレ(ダークナイト) Lv.2/レクスカリバー、ギガサンダー、宝箱の鍵、特効薬
 フレデリク (パラディン)Lv.14 /ショートスピア、キラーランス、宝箱の鍵、特効薬
 リベラ(バトルモンク) Lv.15/キラーアスク、リライブ、レスキュー、リブロー
 リズ(賢者) Lv.10/セリカの疾風、ギガファイア、リライブ
 アンナ(トリックスター) Lv.11/キルソード、リライブ、レスキュー、リブロー
 オリヴィエ(踊り子) Lv.19/鉄の剣
 セルジュ(ドラゴンナイト)Lv.12/キラーアスク
 ブレディ(僧侶)Lv.10/リライブ、レスキュー
 

初期配置は左サイドは捨てて、全軍中央と右サイドに配置する。
 
 
宝箱が溶岩に飲みこまれるタイミングは、

 エの宝箱 敵軍 7ターン目
 ウの宝箱 敵軍10ターン目
 イの宝箱 自軍11ターン目
 アの宝箱 敵軍11ターン目

とりあえず7ターン目までにエの宝箱に到達しなくてはなりません。のんびりしていると間に合わないし急ぎすぎると集中攻撃でやられてしまいます。ここが思案のしどころです。
 
 
 
1ターン目

1. フレデリク(+クロム)で④のウォーリアーを倒す。
2. ルフレ(+リズ)で36の賢者を倒す。
3. オリヴィエの踊りでルフレ(+リズ)が再行動し、⑦のグリフォンナイト(または38のグリフォンナイトまたは⑪のパラディン)を倒す。
4. アンナ(+ブレディ)が2行目の右から3マス目に移動してレスキューの杖でオリヴィエを安全地帯(3行目の右から3マス目)に引き戻す。
5. リベラ(+セルジュ)が3行目の右から4マス目に移動してレスキューの杖でフレデリク(+クロム)またはルフレ(+リズ)を4行目の右から4マス目(②のソードマスターの攻撃範囲)に引き戻す。
 
 
 
2ターン目

1. フレデリク(+クロム)で⑫の賢者を倒す。
2. ルフレ(+リズ)で41のソードマスターを倒す。
3. 残りの自軍ユニットは壊れ床のダメージが避けられる位置まで前進する。
4. リベラ(+セルジュ)とアンナ(+ブレディ)はできるだけ早くダブルを解消しておく。
 
 
 
3ターン目

全軍退却する。弱体ユニットは壊れ床のダメージを覚悟して敵の攻撃範囲から逃れる。フレデリク(+クロム)とルフレ(+リズ)も上方に移動する。敵の追撃はレスクカリバーを装備したルフレ(+リズ)で迎撃する。ルフレ(+リズ)の待機する位置は8行目の右から3コマ目がベスト。

3ターン目を無事に乗り切ったら、どの敵ユニットにカウンターが装備されているかすべてマーキングする。ここから先はまさにカウンターとの戦いになります(マーキングは1ターン目にやってもいいのですが、リセットを迫られると徒労に終わります)。
 
 
 
4ターン目以降

ここからはケースバイケースです。ルフレ(+リズ)がどの程度の集中攻撃なら耐えられるかを計算して、浅からず深からず最適な待機場所を決めます。蛮勇は失敗のもとですが、あまり用心深くても間に合いません。

一撃で倒せない敵ユニットがカウンターのスキルを装備していると対応が難しいです。特に聖盾とカウンターの両方を装備しているグリフォンナイトには要注意です。危険な敵ユニットは出来る限り遠隔攻撃で事前に倒しておきます。

7ターン目までにエの宝箱が回収できれば、最終クリアに成功する確率は20%ぐらいだと思います。しかし、7ターン目までにエの宝箱に到達できる確率は限りなくゼロに近いです(2~3%ぐらい?)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月26日 (金)

2012年の秋ドラマ・期待はずれワースト3

秋の連続ドラマがようやく出揃いました。そこで、期待していたほど面白くなかったドラマ・ワースト3を選んでみました。
 
 
 
1. MONSTERS 

香取慎吾、山下智久、柳原加奈子、遠藤憲一が出ている番宣特番(?)をチラッと見ました。何だかいかにも面白そうでした。しかし実際にドラマを見たら「なんじゃこりゃ?」というくらいつまらなかったです。耐え切れずに途中でチャンネルを替えてしまいました。

チャンネルを替えたら「行列のできる法律相談所」で川島なお美と鎧塚俊彦の凸凹夫婦がトークバトルを展開していました。夫としての鎧塚俊彦氏の言い分に司会の明石家さんまが「わが意を得たり」とばかり大喜びで賛同していました。鎧塚俊彦氏の現在の苦境(?)に女優(=大竹しのぶ)と結婚して苦労した昔の自分を重ねていたのかもしれません。鎧塚氏はサウナ風呂が安息所らしく、川島なお美といっしょにいるのが耐えきれなくなるとサウナ風呂にこもって何日も家に帰ってこなくなるそうです。この耐え切れなくなる状態のことを「アップアップになる」と表現していました。
 
川島なお美と鎧塚俊彦氏のトークバトルはまるで年季の入った夫婦漫才のように面白かったです。それに比べて、「MONSTERS」のコントは、まるで旬の過ぎた一発ギャグのようでした。
 
 
 
2. ゴーイング マイ ホーム  

「ゴーイング マイ ホーム」はつげ義春の世界を映像化したような作品です。さりげない日常が単調に淡々と描かれています。「こういう作品なんだ」と言ってしまえばそれまでですが、もう少しドラマチックでもよかったのではないでしょうか。何をすねているのかエンターテインメントとしての面白さが極端に不足しています。
 
普通のテレビドラマのつもりで観ると当てが外れますが、ドラマチックでないところが逆に新鮮でもあります。ちょっと視点を変えるとけっこう楽しめるかもしれません。
 
 
 
3. パーフェクト・ブルー

前作の「浪花少年探偵団」(原作・東野圭吾)はけっこう好きなドラマでした。子役の使い方が実にうまかったです。中でもまえだまえだの前田航基がすっかり気に入ってしまいました。前田航基は「てっぱん」のころから好感していましたが、今では子役の中でピカ一だと思います。

「パーフェクト・ブルー」は宮部みゆきが原作ということで期待していましたが、説教じみた勧善懲悪臭が強すぎてどうもいけません。オーソドックスな様式美のドラマですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月18日 (木)

2012年の秋ドラマ・ヒロインに注目して楽しもう

「TOKYOエアポート~東京空港管制保安部~」

深田恭子はコメディ専門の女優さんかと思っていましたが、シリアスな役も出来るんですね。真剣な顔つきがなかなかいいです。見直してしまいました。

 深田恭子 ← 8

新人の航空管制官がいきなり羽田空港の管制部に配属されるというのはテレビドラマならではの設定だと思います。ありえないなどと文句を言ってはいけません。こうした専門的な職業ドラマというのはその職業を知っている人には違和感があるかもしれません。しかし、ありえない刑事が登場する刑事ドラマやありえない天才脳外科医が登場する医療ドラマもあります。現実にはありえないことでもドラマの世界ではありえるのです。あくまでもドラマとして楽しみたいです。

この「TOKYOエアポート」によって、低迷が続いていたドラマチックサンデーにようやく明るい兆しが見え始めたような気がします。ただし、来週から同じ時間帯でTBSの日曜劇場「MONSTERS」が始まります。どうなるでしょうか?

 「高視聴率が当り前の第1話、勝負の第2話」

です。
 
 
 
「高校入試」

タイトルがあまりにもベタです。「ハイスクール何とか」とかもう少しタイトルを工夫したほうがよかったのではないでしょうか。

このドラマは名門高校の入学試験をめぐるお話です。教師役で登場する長澤まさみと南沢奈央のコンビがユニークです。南沢奈央をドラマで見るのは久しぶりです。
 
 長澤まさみ ← 7
 南沢奈央  ← 8

 
 
 
「結婚しない」

このドラマのタイトルの意味は「結婚しない?」ではなくて「結婚しない!」です。タイトルにビックリマークをつけておけばよかったのにね。44歳の結婚しない女・桐島春子(天海祐希)と34(→35)歳の結婚できない女・田中千春(菅野美穂)の辛く寂しげな物語です。人生における、そして結婚における、淡い希望の光がひとつ、またひとつと消えてゆきます。このドラマも菅野美穂と天海祐希のコンビがユニークです。

 菅野美穂 ← 9
 天海祐希 ← 7

 
 
 
「ゴーイング マイ ホーム」

CMチーフプロデューサーを生業とするダメ男(阿部寛)の日常を描いたドラマです。何を訴えたいのか、第1話を観た限りではどうもテーマがはっきりしません。初回はなんだか退屈なドラマでした。2時間スペシャルということで長すぎたのかもしれません。公式ホームページによれば「クスっと笑えてちょっと不思議な、あったか面白イイ話」なんだそうです。

 山口智子 ← ?
 
 
  
「東京全力少女」

幼いころに生き別れた父(渡部篤郎)を捜すために香川県から上京してきた家出娘のお話です。武井咲は「Wの悲劇」や「息もできない夏」のような重くるしい役よりもこのドラマのようなコメディタッチのチャラチャラした役のほうが似合います。

しかしこのドラマもタイトルがイマイチです。タイトルの良し悪しで視聴率が2~3%ぐらいは違ってくると思うのですが、どうしてこういう安易なタイトルを付けるのでしょうか?

 武井咲 ← 7
 比嘉愛未 ← 8

 
 
 
「パーフェクト・ブルー」

原作は宮部みゆきのミステリーです。探偵事務所の調査員・蓮見加代子(滝本美織)が主人公の1話完結型のドラマです。貧相なタイトルが目立つ秋ドラマの中で、このドラマのタイトルはなかなかセンスがいいと思います。ただし、まったく関係のない同名のアニメ映画があって紛らわしいです。

 滝本美織 ← 8

滝本美織は「てっぱん」のころが一番可愛かったです。
 
 
 
「大奥〜誕生〜[有功・家光篇]」

原作はボーイズラブ(男性の同性愛)を描くのが得意なよしながふみのマンガです。荒唐無稽な設定や簡単に人が殺されてしまうシーンなどはいかにもマンガっぽいです。ドラマではその荒唐無稽な世界をかなり忠実に再現しているらしいです。

 多部未華子 ← 8
 南沢奈央 ← 8

家光役の多部未華子は童顔のため着物を着ると15歳ぐらいにしか見えません。堺雅人に向って「おまん、おまん」と「おまん」を連発していました。原作を忠実に再現しているのかもしれませんが、ちょっと危なくないですか?
 
 
 
「悪夢ちゃん」

このドラマは武戸井彩未(北川景子)という名前の小学校教師が主人公です。武戸井彩未は表面的な明るさとは裏腹に底意地の悪い女です。計算高く、優しい人を装っていますが子どもに対する愛情などカケラも持ち合わせていません。

この性悪女・武戸井彩未という名前は、武井咲と剛力彩芽と上戸彩と志田未来の名前がごちゃまぜになっています。このドラマのスタッフは、今を時めく若きトップ女優(?)になにか恨みでもあるのでしょうか。ひそかに名前で恨みを晴らしているような感じがします。まあ、面白半分で他意はないのかもしれません。

 北川景子 ← 7

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年10月10日 (水)

「ファイアーエムブレム 覚醒」・ルナティック+ 「外伝14 砂塵舞う地で (Map 幻の村)」の攻略法

「外伝14 砂塵舞う地で (Map 幻の村)」の攻略法

以下は「任天堂公式ガイドブック ファイアーエムブレム覚醒」(小学館)の146ページのマップに従って説明します。

条件
 1.難易度・ルナティック+
 2.モード・クラシック
  3.すべての村を訪問して「女神の杖」を手に入れる

ルナティックをクリアしたときはクロムがメインになって活躍してくれました。しかしルナティック+はゲームの進め方を間違えたのか、クロムの成長が遅れてしまいました。いろいろ試した結果、フレデリクを前衛にしてクロムはサポート要員にすることにしました(これでクロムの成長がまた遅れてしまいます)。

出撃ユニットと主な携行武器は以下の通りです。

 クロム(マスターロード) Lv.5/ノーブルレイピア、封剣ファルシオン
 ルフレ(賢者) Lv.1/レクスカリバー、ギガサンダー、ボルガノン
 フレデリク (パラディン)Lv.6 /手槍、銀の槍、月光、ゲイボルグ
 リベラ(バトルモンク) Lv.6/ハンマー、手斧、リライブ、レスキュー、リブロー
 リズ(賢者) Lv.4/エルウインド、ライブ
 アンナ(トリックスター) Lv.5/キルソード、リライブ、レスキュー
 サーリャ(ダークマージ) Lv.13/リザイア、サンダー
 オリヴィエ(踊り子) Lv.7/鉄の剣
 ルキナ(ロード)Lv.10/裏剣ファルシオン、レイピア
 セルジュ(ドラゴンナイト)Lv.12/手斧、剛の斧、ハンマー、キラーアスク
 ヴィオール(アーチャー)Lv.7/剛の弓、キラーボウ、聖なる弓
 マリアベル(トルバドール)Lv.5/ライブ、リライブ、レスキュー
 ミリエル(魔道士)Lv.4/ファイアー

※ルフレは「神軍師」の成長がMAXに達したため再度クラスチェンジをして「賢者」になりました。

自軍増援
 ロラン(魔道士)Lv.10/エルウインド

ダブルは以下の通りです。

 ルフレ(+リズ)
 フレデリク(+クロム)
 リベラ(+セルジュ)
 ロラン(+ミリエル)

他のメンバーはオリヴィエ(踊り子)が遠くまで移動できるように単独で待機します。この外伝14は踊り子とレスキューの杖の活用が攻略のカギを握っています。

初期配置

二段目 マリアベル、ルフレ、リベラ、□、クロム、フレデリク、ルキナ、セルジュ
最下段 ミリエル、 サーリャ、□、リズ、オリヴィエ、□、アンナ、ヴィオール

 
 
 
●1ターン目

1.フレデリク(+クロム)で⑬のウォーリアーを左斜め下から遠隔攻撃して倒します。⑬のウォーリアーが大盾のスキルを持っているとたまに倒せないこともあります。⑬のウォーリアーが倒せなかったときと21の魔道士がカウンターのスキルを持っているときは、一度レスキューの杖でフレデリク(+クロム)を引き戻して再行動させます。引き戻す場所は、再行動で⑬のウォーリアーを真下から遠隔攻撃できる場所を選びます(あまり深々と引き戻してしまわない)。

2.次にルフレ(+リズ)で⑤の蛮族を遠隔攻撃します。⑤の蛮族はほぼ確実に倒せます。フレデリク(+クロム)に再行動の必要がなかったときは、ルフレ(+リズ)を再行動させます(サーリャにオリヴィエを乗せて、「ダブル→移動→交代→踊る」)。ルフレ(+リズ)は敵陣の懐に飛び込んで25のウォーリアーを遠隔攻撃します。25のウォーリアーは90%ぐらいの確率で倒せます。

4.リベラ(またはアンナ)がレスキューの杖でオリヴィエ(+サーリャ)を敵の攻撃範囲から安全地帯に引き戻します。

5.ミリエルで「あ」の村を訪問してロランを仲間にします。ロランをミリエルに乗せ、マリアベルがレスキューの杖でミリエル(+ロラン)を安全地帯に引き戻します。

6.残りのメンバーは安全地帯で待機します(セルジュの初期配置は23のペガサスナイトの攻撃範囲に入っているので移動が必要です)。

7.敵のフェーズでルフレ(+リズ)とフレデリク(+クロム)が敵の猛攻を凌いでくれれば1ターン目が終了となります。1ターン目が無事に終了できる確率は10%ぐらいだと思います。1ターン目はとにかく運不運に左右される要素が多いです。
 
 

●2ターン目以降 
 
2ターン目以降はまさに「カウンター」との戦いです。6ターン目になると敵のユニットが「い」の村に到達してしまいます。急がないといけないのですが、左から「い」の村に向って移動してくる敵軍にはカウンターのスキルを装備しているユニットが多く、迂闊に近づくと危険です。1マスの違いが運命の別れ道になることも多いです。

カウンター対策としては、

 1.武器を外して敵をおびき寄せる
 2.遠隔攻撃で敵のHPを削っておく
 3.レスキューの杖で危険地帯から脱出する
 4.「踊り」による再行動を活用する

こんなところです。
 
 
 
●「い」の村訪問以降

「い」の村に訪問できれば、最終クリアに成功する確率は20%ぐらいになると思います。つまり、せっかく「い」の村の訪問ができたのに、5回に4回はリセットを迫られるということです。もっともここから先は運に左右される要素はほとんどありません。完璧に緻密な人なら一発でクリアできるのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 3日 (水)

「ファイアーエムブレム 覚醒」・ルナティック+ 「12章 海より来る者 (Map フェリア港)」の攻略法

「12章 海より来る者 (Map フェリア港)」の攻略法

以下は「任天堂公式ガイドブック ファイアーエムブレム覚醒」(小学館)の102ページのマップに従って説明します。

条件
 1.難易度・ルナティック+
 2.モード・クラシック
  3.2つのイベントマスに待機する

出撃ユニットと主な携行武器は以下の通りです。

 クロム(マスターロード) Lv.3/封剣ファルシオン、レイピア、サンダーソード
 リフレ(神軍師) Lv.14 /サンダー、エルサンダー、フォルセティ、ボルガノン
 フレデリク (パラディン)Lv.3 /手槍、ビーストキラー、キラーランス
 リベラ(バトルモンク) Lv.3/ハンマー、手斧、リライブ、レスキュー、リブロー
 リズ(賢者) Lv.2/サンダー、ウインド
 アンナ(トリックスター) Lv.2/キルソード、リライブ、レスキュー、手斧
 サーリャ(ダークマージ) Lv.12/リザイア、リザイア、サンダー
 ロンクー(剣士) Lv.6/キルソード
 ティモア(ペガサスナイト)Lv.7/剛の槍
 ベルベット(タグエル) Lv.9 /獣石
 オリヴィエ(踊り子) Lv.1/鉄の剣
 

自軍増援
 セルジュ(ドラゴンナイト)Lv.12/剛の斧、ハンマー

ダブルは以下の通りです。

 クロム(+ロンクー)
 リフレ(+リズ)
 フレデリク(+ベルベット)
 リベラ(+サーリャ)
 ティモア(+オリヴィエ)
 セルジュ(+アンナ)

不足する武器があれば、配信チームと交渉して売ってもらいましょう。
  ボルガノン、ギガサンダー → マリクが売ってくれます。
  ビーストキラー → マルスが売ってくれます。 
 
 

1ターン目

1.リフレ(+リズ)が⑫のパラディンを遠隔攻撃します。フォルセティで攻撃すれば90%以上の確率で倒せます。フォルセティやボルガノンはカウンターを装備しているソシアルナイトを一撃で倒すために必要です。もし、リフレ(+リズ)の魔力が不足していてソシアルナイトが一撃で倒せないときは、公認ドーピング剤(魔力の薬)を使いましょう。

2.ビーストキラーを装備したフレデリク(+ベルベット)で⑨のソシアルナイトを攻撃します(⑫のパラディンと⑨のソシアルナイトを倒すと4マスの安全地帯が確保できます)。

3.⑧のソシアルナイトのスキルをチェックしてカウンターと大盾のスキルがなければ、レイピアを装備したクロム(+ロンクー)を⑧のソシアルナイトの攻撃範囲内に進めます(カウンターまたは大盾のスキルがある場合は安全地帯で待機)。

4.④のアーマーナイトのスキルをチェックしてカウンターと大盾のスキルがなければ、ハンマーを装備したセルジュ(+アンナ)が初期配置の場所で待機します(カウンターまたは大盾のスキルがある場合は安全地帯に移動して待機)。

5.リベラ(+サーリャ)とティモア(+オリヴィエ)は状況のいかんにかかわらず安全地帯で待機です。1マスの違いが致命傷になることもあります。前衛は移動距離の長いユニットにします。間違ってもサーリャやオリヴィエを前衛にしないように。

 
 
2ターン目

敵の猛攻を凌いで1ターン目を無事に切り抜けると、2ターン目からは、全軍左の安全地帯に移動します。ここからはまさにケースバイケースの総力戦です。

1.南下してきた⑯のソシアルナイトをフレデリク(+ベルベット)で攻撃します。下から攻撃するか左から攻撃するかは、42のパラディンがカウンターのスキルを持っているかどうかで判断します。

2.リフレ(+リズ)で③のアーマーナイトを倒します。敵に聖盾のスキルがなければ攻撃はサンダーで十分です(もったいないから)。

3.リベラ(またはアンナ)でリフレのダメージを回復し、オリヴィエでリフレ(+リズ)を再行動させます(オリヴィエは移動してから交代して踊る)。

4.南下してきた⑰のソシアルナイトを再行動のリフレ(+リズ)で攻撃します。この場合もどの位置から攻撃するかは、25、26、27のソシアルナイトのスキルをチェックして決めます。もっとも、ここで中途半端な安全策をとるよりも、ダメならリセットしてやり直す覚悟で伸るか反るかの作戦(25~28の敵ユニットの攻撃をすべて受けてしまう)のほうが最終的にクリアできる確率は高くなるかもしれません。

5.残りの自軍ユニットは左へ移動して安全地帯で待機します。ギリギリで全員が安全地帯に移動できるはずです(出撃ユニットに欠員が1名あるのは、安全地帯に収まりきらない恐れがあるからです)。
  

 
3ターン目以降

サーリャのリザイアに窮地を救われることもあれば、あと一手が欲しかったときにオリヴィエが値千金の踊りを披露してくれることもあります。レスキューの杖に救われたこともありました。このあたりのギリギリのゲームバランスは神業です。このゲームを作った人はすごいです。天才だね。

この12章の3ターン目以降には安易な攻略法(勝利の方程式)はないと思います。何度リセットを迫られてもめげない不屈の根性が必要です。わたしなんぞは、中央右のイベントマスが取れなかったために、たったそれだけのためにせっかくのクリアをリセットして再挑戦しました。
 

終盤

5ターン目になると敵将ドルヒを中心とした船上の敵ユニットが一斉にが動き出します。左右から南下してくる敵の大群を迎撃することになりますが、①の敵将ドルヒと35と40のパラディンの攻撃範囲に注意して作戦を考えます。

中央右にあるイベントマスも諦めてはいけません。計画的にショートスピアを装備した敵軍のソシアルナイトを1体だけ残すようにします。このソシアルナイトに武器を外した自軍ユニットを攻撃させて時間稼ぎをすれば中央右のイベントマスも攻略できます。イベントマスは当たりはずれがあって、貴重なアイテムが手に入ることもあれば、わずかばかりの経験値が貰えるだけのこともあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »