« 小田急沿線自然ふれあい歩道・「相武台前駅コース」を歩く | トップページ | 坐骨神経痛を自力で治す方法 »

2012年11月 9日 (金)

小田急沿線自然ふれあい歩道・「海老名駅コース」を歩く

「海老名駅コース」はルート合計約6.6km、道に迷わなければ1時間半程度で歩けます。しかし最初は必ず迷います。迷いやすい場所が4箇所あります。2時間はかかると思っていたほうが無難です。

1.東光山国分寺の先にある陸橋のところの分岐点
左に行けばいいのになぜか右に行ってしまいます。おそらく左へ行く道を見落としているのだと思います。

2.拡大図1の五叉路
自分では一番左の道を進んでいるつもりでも、注意しないと左から二番目の道を進んでしまいます。なぜでしょう?

3.拡大図2
拡大図2は「墓地脇の細い坂道」がわかりにくいため、迷わないように拡大図にしてあるのだと思います。しかし、実際に間違いやすいのはその手前です。拡大図2には「ひさご塚トンネルの上を通る」とありますが、なぜかなかなかトンネルの上に出られません。ひさご塚公園を半周して左折するときに道を1本見落としてしまうのです。そのため1本先の道を左折してしまいます。カーブミラーの位置が変だと思いつつ、気がつくとひさご塚トンネルの大通りに出てしまいます。渋い顔をしてトンネルの上を通っている道を下から見上げることになります。

4.伊勢山自然公園
伊勢山自然公園を通り抜けるとき墓地の横の細い道を通ります。道が細すぎるため、自分が正しいルートを歩いているのか不安になります。公園を抜けてから現在位置をチラシの地図で確認しようとすると、その地図が非常にわかりづらいです。まず、「史跡逆川」の文字で大通りが1本隠されています。実際は3本の道があるのに、注意しないと2本しか道がないように見えます。さらに、「伊勢山大神宮の看板」が実際は3箇所もあります。実に紛らわしいです。わかってしまえば「何だそうだったのか」ということなんですが、最初にこのルートを歩いたときは、ここで完全に迷子になってしまいました。
 
 
このコースを歩くのは3回目でしたが、記憶があいまいになっていてひさご塚トンネルのところでまたしくじってしまいました。次回歩くときはもう大丈夫です(たぶん)。

|

« 小田急沿線自然ふれあい歩道・「相武台前駅コース」を歩く | トップページ | 坐骨神経痛を自力で治す方法 »

コメント

初めまして。海老名は地元でございます。

確かにわかりにくい箇所ってあるなと思いました。
このように教えて頂くと本当に助かりますね。

みなさんにも知ってもらいたいので、ツイートボタン押させて頂きます。

投稿: ぐうぐうがんも | 2012年11月 9日 (金) 23時26分

ぐうぐうがんもさん、コメントありがとうごさいます。

小田急沿線の自然ふれあい歩道は新宿から小田原まで全コースを歩いています。のんびり歩けばいいのに公園やお寺などコースのみどころなども立ち止まることなく、確認するだけでただひたすら歩いています。手帳に歩数と時間をメモしたりして本人はタイムアタックのつもりでいるらしいです。

ちなみに、海老名駅コースは、改札を出てから戻ってくるまで、所要時間1時間32分、9871歩というのが記録です。

  歩数    時刻
 2283 2時06分 海老名駅     
 6963 2時46分 浜田歴史公園  
 9760 3時15分 伊勢山自然公園
12154 3時38分 海老名駅

自然ふれあい歩道を、チラシの地図を片手にせかせか歩いている変なオヤジを見かけたらそれはわたしです。

投稿: むぎ | 2012年11月12日 (月) 09時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122218/47784878

この記事へのトラックバック一覧です: 小田急沿線自然ふれあい歩道・「海老名駅コース」を歩く:

« 小田急沿線自然ふれあい歩道・「相武台前駅コース」を歩く | トップページ | 坐骨神経痛を自力で治す方法 »