« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月31日 (月)

「ファイアーエムブレム 覚醒」・ルナティック+ 「2章 小さな自警団 (Map 北の街道)」の攻略法

「2章 小さな自警団 (Map 北の街道)」の攻略法(やんなっちゃった人のために)

以下は「任天堂公式ガイドブック ファイアーエムブレム覚醒」(小学館)の48ページのマップに従って説明します。

条件
 1.難易度・ルナティック+
 2.モード・クラシック

初期配置ユニット
 クロム【ロード/Lv.1】封剣ファルシオン、レイピア
 ルフレ【戦術師/Lv.1】サンダー
 リズ【シスター/Lv.2】ライブ、傷薬
 フレデリク【グレートナイト/Lv.2】銀の槍、青銅の剣、傷薬
 ソワレ【ソシアルナイト/Lv.2】青銅の槍
 ヴィオール【アーチャー/Lv.2】鉄の弓、特効薬
 ヴェイク【戦士/Lv.3】
 ソール【ソシアルナイト/Lv.2】青銅の剣

自軍増援
 ミリエル【魔道士/Lv.1】ファイア
 

前半

1ターン目
 1.ルフレ(+ヴィオール)で②の傭兵を真下から遠隔攻撃します。命中率は59%(または69%)。
 2.つぎにフレデリク(+クロム)で②の傭兵を真下から隣接攻撃します。ルフレ(+ヴィオール)の攻撃が命中していればほぼ確実に②の傭兵は倒せます。フレデリクは攻撃する前に「物交換」でヴィオールから特効薬を受け取っておきます。
 3.ソワレにリズを乗せ、一番左の安全地帯に移動します。
 4.ソールにヴェイクを乗せ、ソワレの隣りに移動します。

これで1ターン目は完了です。敵のフェーズで⑮の蛮族がルフレを攻撃してきますが、月光+が発動しても耐えられます。次に⑬と④のソルジャーがフレデリク(+クロム)を攻撃してきます。ここで⑬と④のソルジャーを倒せれば第一関門突破です。

2ターン目
 1.フレデリク(+クロム)が⑮の蛮族を真下から隣接攻撃で倒します。これによって左側に安全地帯が確保できます。
 2.リズがフレデリクの左隣からライブでフレデリクのHPを回復します(状況によってはこの回復ができないこともあります)。
 3.リズはライブの杖を使う前に「物交換」でフレデリクの装備を銀の槍から青銅の剣に替えておくといいです(銀の槍かもったいない)。

ここから先はケースバイケースです。戦うのはフレデリク(+クロム)をメインにします。弱体ユニットは安全地帯で待機し、できるだけ戦闘は避けます。

乱戦になったとき、単純なダブルによる攻撃の他に、

 移動→人交換→交代→攻撃

のテクニックが絶体絶命のピンチを救ってくれることもあります。何度も挑戦していればそのうち必ずラッキーチャンスがやってきます。
 
 
後半

後半は比較的簡単です。

1.フレデリク(+クロム)が橋を渡って敵の攻撃範囲に入りると敵軍が動き出します(右側から渡るとよい)。
2.フレデリク(+クロム)は①の屍兵将の攻撃範囲に入らないように注意して迎撃とアイテムによるHPの回復を繰り返します(敵軍を右下の方に誘い出す)。
3.フレデリク(+クロム)以外の自軍ユニットは左側の安全地帯を時計回りに移動します。
4.①の屍兵将以外の敵を殲滅したら、フレデリク(+クロム)は自軍ユニットと合流します。
5.①の屍兵将は、確実に倒せるところまでフレデリク(+クロム)でHPを削ってミリエル(+ルフレ)でとどめをさします(この段階ではまだルフレよりもミリエルのほうが命中率が高い)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月26日 (水)

第46回衆議院議員総選挙・なんじゃこりゃ?

 2009年8月総選挙・比例の得票数(A)
 自民   18810217  26.73%
 民主   29844799  42.41%

 2012年12月総選挙・比例の得票数(B)
 自民   16623542  27.62%
 民主    9628483  16.00%
 維新   12262144  20.38%

 増減(B-A)
 自民   ▲2186675
 民主  ▲20216316
 維新  △12262144

今回の総選挙で、自民党と民主党が減らした得票約2200万票がどこへ行ったのか考えてみました。棄権が約1000万票(有権者数約1億人の10%は約1000万人)、維新の会に鞍替えしたのが約1200万票、これでピッタリです。なんだか単純明快です。

小選挙区は自民党の圧勝でしたが、小選挙区が比較第1党にいかに有利であるかということをこれほど明確に示してくれた選挙はなかったです。あな恐ろし。小沢一郎は自分で仕掛けたワナに自分でハマってしまったのでしょうか?

2009年

2012年

比例

小選挙区

比例

小選挙区

自民

55

64

57

237

民主

87

221

30

27

大地

1

0

1

0

維新

40

14

公明

21

0

22

9

未来

7

2

みんな

3

2

14

4

共産

9

0

8

0

社民

4

3

1

1

改革

0

0

0

0

幸福

0

0

0

0

国民新

0

3

0

1

日本

0

1

0

0

諸派

0

0

0

0

無所属

0

6

0

5

180

300

180

300

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月23日 (日)

小田急沿線自然ふれあい歩道・モッコクはここにある

ちょっとマニアックになりますが、小田急沿線自然ふれあい歩道の「新宿駅~南新宿駅コース」から「狛江駅~和泉多摩川駅コース」まで、モッコクが植えてある場所を紹介します。すごいでしょ。

01 新宿駅~南新宿駅コース
 ○ 新宿御苑正門
 ○ 鳩森八幡神社

02 新宿駅~参宮橋駅コース
 ○ 新宿センタービルの植木
 ○ 代々木緑道の入口(ネームプレートあり)

03 代々木八幡駅~代々木上原駅コース
 ◎ 西代々木橋から常盤橋までの玉川上水西原緑道 ←ここは「モッコク銀座」です。
 ○ 代々木大山公園の東側出口

04 世田谷代田駅~下北沢駅コース
 ○環七通り沿い
 ○烏山川緑道
 ○三宿の森緑地
 ○三宿の森緑地近くのN家
 ○北沢緑道沿いのW家
 ○北沢緑道沿いのS家
 ○北澤八幡神社
 ○森厳寺の向かいの家(表札がない)
 ○森厳寺

05 梅ヶ丘駅~経堂駅コース
 ○梅丘図書館
 ◎羽根木公園 ←モッコクの並木もあります。
 ○北沢川緑道の都営住宅
 ○豪徳寺のS家
 ○善性寺
 ○赤堤のH家
 ○赤堤のO家
 ○六所神社
 ○赤堤のタマ塗装
 ○赤堤公園
 ○赤堤のN家
 ◎西福寺 ←モッコクの巨木がそびえています。
 ○北沢川緑道の赤堤通り団地
 ○北沢川緑道の公社住宅の手前
 
06 豪徳寺駅コース
 ○常徳院
 ○乗泉寺別院
 ○世田谷八幡宮
 ○豪徳寺
 ○世田谷城址公園
 ○桂太郎墓所
 ○松蔭神社
 ○杉大門橋
 ○豪徳寺2の12の民家
 ○豪徳寺2の11のT家
 ○豪徳寺2の27のS S家
 ○梅丘2の6の雅葉造園

07 千歳船橋駅~経堂駅コース
 ○稲荷森稲荷神社
 ○梅丘2‐19のY H家
 ○Y H家の向かいのマンション
 ○桜丘フラット
 ○長島大榎公園隣りのN家
 ○馬事公苑入口のロイヤルホスト
 ○馬事公苑(ネームプレートあり)
 ○弦巻5‐22のS家
 ○弦巻5‐20のN家
 ○弦巻5‐21のステインハウス弦巻
 ○大山道児童遊園
 ○実相院
 ○弦巻3‐29のS家(実相院の隣り)
 ○浄光寺
 ○世田谷1‐29のM家
 ○桜小学校
 ○烏山川緑道
 ○経堂地区会館別館前
 
08 千歳船橋駅コース
 ○千歳温泉プール前
 ○蘆花恒春園
 ○八幡神社
 ◎蘆花恒春園世田谷自動車学校の出口付近 ← モッコクを鑑賞するならここです。
 ○稲荷神社向かいの植木屋?
 ○東覚院
 ○希望丘中公園
 ○希望丘記念公園
 ○船橋小学校
※日没になってしまい、船橋小学校から千歳船橋駅までのモッコクは確認できませんでした。最近は4時を過ぎると暗くなります。

09 祖師ヶ谷大蔵駅コース
 ○祖師谷1‐26のS家
 ○祖師谷5‐2のマンション
 ○祖師谷5‐2のリラ祖師谷
 ○祖師谷5‐22のO家
 ○祖師谷公園
 ○成城9‐1のU家
 ○成城7‐23のM家
 ◎祖師谷3‐11の成城ハイム ← ここのモッコクは立派です。

10 成城学園前コース
 ○仙川沿いの打越橋手前の民家
 ◎大蔵運動公園の野球場の手前 ← ここのモッコク群が素晴らしいです。
 ○大蔵4‐3のI家の向かい
 ○大蔵5‐23の向かい
 ○次大夫堀公園・民家園管理事務所
 ○成城3‐10のT家(ネームプレートあり)
 ○成城4‐1のA家
 ○成城5‐1のH家

11 狛江駅~喜多見駅(野川)コース
 ○野川地域センター前
 ○野川沿いの側大橋手前
 ○野川の糟嶺橋を右折したところ
 ○糟嶺神社
 ○明照院
 ○きたみふれあい広場の時計の近く

12 狛江駅~喜多見駅(岩戸川緑道)コース
 ○東和泉2‐2のS家
 ◎岩戸川緑道 ← 岩戸川緑道沿いの民家にはモッコクが多いです。
   東和泉2‐13のM家
   岩戸南1‐13I家
   岩戸南1‐22のY家
   岩戸南2‐18の民家
   岩戸南2‐24のM家
 ○喜多見4‐18のN家
 ○慶元寺
 ○稲荷塚古墳公園
 ○喜多見4‐15の民家
 ○喜多見7‐24の民家
 ○喜多見6‐3の田中造園
 
13 狛江駅~和泉多摩川駅コース
 ○泉龍寺
 ○中泉3‐9のO家
 ○伊豆美神社
 ○駒井町3‐5のF家
 ○猪方4‐10のマンション
 ○猪方2‐23の土倉のある家
 ○猪方3-7のY家

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月22日 (土)

小田急沿線自然ふれあい歩道・モッコク探検隊

小田急沿線自然ふれあい歩道で見かけるモッコク(つばき科の常緑小高木で関東以西に自生)を調査してみました。特徴は次の3つです。

1.お寺や神社には必ずといっていいほどモッコクが植えてあります。境内にモッコクが見当たらないお寺や神社はモグリではないかと思ってしまうほどです。たとえば、豪徳寺駅コースを例にとると、常徳院、乗泉寺別院、世田谷八幡宮、豪徳寺、桂太郎の墓所、松蔭神社、すべてモッコクが植えてあります。またモッコクは境内や墓地の入口付近に植えてあることが多いです。

2.羽根木公園や蘆花恒春園など、敷地の広い大きな公園には例外なくモッコクが植えてあります。ところが新宿中央公園だけはなぜかモッコクが見あたりません。自然ふれあい歩道では、今のところモッコクが見あたらない唯一の大きな公園です。植えてないのか植えてあるのを見落としているのか、機会があったら公園内を歩き回って徹底的に調べてみたいと思います。

3.モッコクは「モッコクなき庭は庭にあらず」とまでいわれています。(関東以西では)まさに庭木の王様といえます。ところが民家の庭でモッコクを見かけることはそれほど多くありません。もちろん他人の家の庭に勝手に入り込んで調べるわけにはいかないのであくまでも生垣やフェンス越しに見える範囲での話です。やたらと目につくのはキンモクセイです。民家の庭木としてモッコクはあまり人気がないみたいです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月20日 (木)

キムタクの月9ドラマ 忠臣蔵や水戸黄門、寅さんとも共通点

NEWS ポストセブン 12月17日(月)7時6分配信

 捲土重来を期すフジテレビにとって、この「月9」は“絶対に負けられない戦い”だったはずだ。制作側の意図と狙いについて、作家で五感生活研究所の山下柚実氏が分析する。

 * * *
 木村拓哉主演・月9のドラマ「PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!~」(フジテレビ系)の視聴率が20%を突破しました。これまでの回は15~18%あたりを上下していたのが、12月10日に放映された第8話で、とうとう20%の大台に。

 今クールのドラマで20%超えは、「PRICELESS」の他に、「ドクターX ~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)のみ。トップの座を争う展開になりました。

 さて、話題の「PRICELESS」というドラマ。一言でいえば現代版わらしべ長者です。会社を解雇されて無一文になったキムタク演じる金田一。ホットドッグの屋台を始めると、大評判となり、今度はその権利を売って魔法瓶作りに着手。6万円の究極の魔法瓶が大ヒットして社長になり……、次から次へと幸運の連鎖が。

 とにかく、「幸福荘」という舞台がクサイ。「ハピネス魔法瓶」は、よくぞつけたと思うベタなネーミング。エピソードもベタベタ。「貧しかった時に魔法瓶の温かい飲み物をもらった。その温かさが忘れられなくて魔法瓶作りを始めた」とか、「中小企業のオヤジたちが手と手を携えて助け合い」「金儲けよりも人の思いを大切にしよう」。

「ありえないー!」と、つっこみたくなる部分が随所に。そう叫んでふと、ドラマのサブタイトルが耳に響くのです。「あるわけねぇだろ、んなもん!」

 そうか。

 ドラマを制作している人たちは、すべて意図しているわけね。ねらってやっているのですね、ベタな作りを。わかりきったクサさを。敢えて、単純化を。

 たしかにこのドラマの主題は一行で言い尽くせます。「逆境に置かれても、前向きに攻める男のサクセスストーリー」。この複雑奇怪な時代の中で、明るい希望を表現するためにわざわざ夢やロマンの行方をシンプルにしたのかも。

 だから、テレビからちょっと目を離しても、筋立てが混乱してわからなくなることはありません。安心して見ていられます。この素朴なわかりやすさこそ、視聴率が高い理由の一つでは。

 でも、最初からわかっている単純な筋だてを、なぜ人は喜んで見るのだろうか? それで娯楽になりえるのだろうか? はい、人は喜んで見るのです。「先がわかっている」からこそ、見るのです。

 歌舞伎の忠臣蔵だって、水戸黄門だって、寅さんだってみんなそう。展開も結論も、もうわかっている。わかりきっている筋を敢えてトレースして楽しむ。そういう楽しみ方がある。昔から大衆はそのようにして、多くのドラマを楽しんできたのです。

 もちろん、このドラマはただの「単純」が狙いではない。それは、サブタイトル「あるわけねぇだろ、んなもん!」を見れば一目瞭然。 

 視聴者も、時に素直に涙を流したり感情移入して感動しつつ、ふと冷静になって「あるわけねぇだろ、んなもん!」と自分につっこみを入れながら、その振幅を楽しんでいるのです。そのあたりが、現代的で斬新です。

 単純と複雑を行き来する、ポリフォニックな構成。感情を二転三転させてくれる作りこそ、このドラマの人気の理由ではないでしょうか。

 

山下柚実氏は 

 高視聴率=面白いドラマ 

ということを前提に、高視聴率の月9ドラマ「PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!~」のどこがどう面白いのかを分析しています。

でもね。「PRICELESS」程度の面白いドラマならいくらでもあります。面白さにそれほど差はないのに「PRICELESS」だけがどうして高視聴率なのかと考えてみるのもいいのではないでしょうか。

「PRICELESS」はなぜ高視聴率なのか、その理由は簡単です。キムタクが主演だからです。キムタクが主演でなければ、「PRICELESS」の視聴率が15%を超えることはなかったと思います。一ケタだったかもしれません。

第8話が20%の大台に乗ったのは、15分拡大スペシャルということでテコ入れをした結果だと思います。強力な番宣があったのかもしれません。なにはともあれ、面白いから視聴率が上がったというのとはちょっと違うと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月16日 (日)

芝居うまい武井咲のドラマが低視聴率なのは「謎」と女性作家

NEWS ポストセブン 12月5日(水)7時6分配信

 武井咲が2012年を代表する女優のひとりであることは論をまたないだろう。だが、露出度のわりに“実績”がついてきていないのもまた事実。作家で五感生活研究所の山下柚実氏が分析する。

 * * *
 以前にも増して、テレビドラマに大きな注目が集まっている今。きっかけはやはり、去年の『家政婦のミタ』(日本テレビ)にあるのでは。サッカー中継でさえなかなか到達できないお化け数字「視聴率40%」を叩き出し、世の中を震撼させた。テレビドラマに、未知の可能性が潜んでいることを見せつけてくれました。

「ミタ現象」の後、ドラマの視聴率に関してはいろいろと話題が。

 例えば低視聴率の「家族のうた」(フジ系)が打ち切りになったり、NHK大河の「平清盛」が史上最低視聴率を記録など。そして最近の話題は……やっぱり武井咲主演のドラマ視聴率でしょう。主役にひっぱりだこの彼女が、なぜか「低視聴率女王」などという不名誉な称号がつけられそうな危機に瀕しているのですから。

 前クールのドラマ『息もできない夏』(フジ系)も1桁台が続き、今放送中の『東京全力少女』(日本テレビ系)も初回9.0%。その後もふるわず5.4%まで数字を下げ、今も1桁台をウロウロ。「大丈夫か」の声がわき起こっています。

 どんなにつまらんのだろうかと、『東京全力少女』に恐る恐るチャンネルをあわせてみると。

 これが……予想に反して面白い!出来がいい!テンポよし、配役よし、筋立てよしで、モタモタした説明的セリフなし。

 このドラマの特徴はまず場面が目まぐるしく、くるくる切り替わること。親子の暮らし、夜のクラブ世界、外国人のいる下町のシェアハウス、動物園、温泉旅館……速度感と雑多性に満ちた場面展開が続きます。

 そうしたシーンのつながりあわせすべてが、実は雑多な大都会「東京」を作り上げている特徴と、響きあい重なりあっている。『東京全力少女』というタイトルどおり、「東京」が明快なテーマとなってドラマ全体でよく表現されているのです。

 演出の技巧もふるっています。目の瞬きに「ピコピコ」、走る時に「ビューン」と劇画チックな音をあえて加えている。それによって、フィクション世界のエッジを立てているのです。

 そして主役の武井咲は……難しい役割を絶妙にこなしているではありませんか。役柄は田舎出の少女であり、かつ、都会のクラブのホステスで、父親を幸せにしようとする娘で、何にでも全力で立ち向かう純粋な少女。いわば万華鏡のような複数の役割を、一人で飄々と演じきっている。

 そういえば、前クールの『息もできない夏』(フジ系)では戸籍が無い悲劇のヒロイン役を、こちらは実にシリアスに演じきっていました。「良家のお嬢様」から「悪女」まで演じる幅。とても18歳とは思えません。

 ではいったいなぜ? そんな武井咲主演のドラマが、こうも低視聴率続きなのか?

 謎です。

 そしてもう一つの謎が。ドラマばかりか20社近くのCMに登場する彼女の人気が、決して高く評価されていないという謎。好感度調査といわれる「テレビタレントイメージ調査」(2012年8月)でも、「武井咲」の名前は50位内に見あたらなかったのです。

 解けない2つの謎。果たしてテレビドラマファンのみなさんは、どうお考えになるでしょうか?ぜひその答をご教示いただきたいところです。

二番目の謎についてはよくわかりませんが、一番目の謎についてはなんとなくわかります。

>武井咲主演のドラマが、こうも低視聴率続きなのか?

テレビドラマの主な視聴者は20~34歳の女性(F1層)だと言われています。テレビドラマの視聴率はこのF1層に受けるかどうかでほとんど決まってしまうような気がします。

武井咲が主演のドラマには母性本能を刺激する主役級のイケメンが出てこないという特徴があります。また武井咲自身も女性に好かれるタイプの女優ではないと思います(女性に好かれるタイプの女優というのは菅野美穂とか天海祐希とか)。したがって、よほどのことがない限り、F1層が武井咲主演のテレビドラマにチャンネルを合わせることはないと思います。F1層に注目されないテレビドラマというのは、視聴率に換算すると、10%ぐらいのハンデを負っているようなものです。
 
 
たとえば、「ドクターX」と「TOKYOエアポート」というドラマがあります。面白さだけを比べたらそれほど差はないはずなのに視聴率は「ドクターX」のほうが圧倒的に高くなっています。原因は「TOKYOエアポート」のヒロイン役・深田恭子が女性に人気がないからだと思います(男どもにはファンが多いのにね)。

たとえば、香取慎吾と山下智久がダブル主演の「MONSTERS」というドラマがあります。あの中身のないくだらないドラマでも平均視聴率は10%を超えています。ある意味で驚きです。そんな馬鹿なと思ってしまいますが、ファンにとっては、香取慎吾と山下智久が出ていればドラマの内容はどうでもいいんだと思います。
 
最後に高視聴率で評判だった「梅ちゃん先生」について。今にして思えば、「梅ちゃん先生」が高視聴率だったのは、

1.主題歌にSMAPを起用したこと ← これは反則です。
2.梅子の相手に松坂桃李と高橋光臣を起用したこと

このふたつが効いていたのではないかと思います。梅子役は堀北真希でなくてもよかったのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年12月 2日 (日)

絶好調「マルちゃん正麺」の死角・米倉涼子も大絶賛?

「マルちゃん正麺」 1年で累計出荷2億食を突破
SankeiBiz 11月9日(金)8時15分配信

 東洋水産の小畑一雄社長は8日、2011年11月に発売した袋入り即席麺「マルちゃん正麺」が、発売から約1年の今月5日に累計出荷数が2億食を超えたと発表した。

 供給が追いつかないため、同社は約15億円を投じて生産ラインを1つ増設し、3ラインにする。

 マルちゃん正麺は生麺をほぐして乾燥させる新技術を採用。乾燥麺ながら生麺に近い食感があるといい、今年6月に年間販売目標の1億食を達成。小畑社長は「商品の品質を評価いただき、節約志向も追い風となった」と話した。年末にもライン増設工事に着手。13年11月までの1年間で3億食の販売を目指す。

絶好調の「マルちゃん正麺」に対して日清食品は「日清ラ王 袋麺」、サンヨー食品は「「サッポロ一番 麺の力」で追撃の構えを見せています。しかし、役所広司のコマーシャルが効いているのか、今のところ「マルちゃん正麺」の快走は止まりそうにもありません。先手必勝ですでにブランドイメージが確立してしまった感があります。

1日のスマステーションでは、「マルちゃん正麺」が「2012年ヒットランキングベスト20」の第1位に選ばれていました。香取慎吾とゲストの米倉涼子が大変な持ち上げようで、ただでさえ品薄状態の「マルちゃん正麺」が売り切れ店続出になってしまいそうです。売り切れで買えないとなるとますます食べたくなるのが人情です。「マルちゃん正麺」の快走はまだしばらくは続きそうです。

ただし「マルちゃん正麺」にも死角はあります。「マルちゃん正麺」はあくまでもラーメン屋のラーメンと比較した時に安くてうまいのであって、よくよく考えてみると、そんなに生麺の食感がいいなら最初から「シマダヤの本生ラーメン」を買ってきて食べたほうが経済的です。Everyday Low Price で評判のオーケーでは、シマダヤの本生ラーメンが3食147円(税抜き)で売られています。

 
  即席麺よりも生麺のほうが圧倒的に安くてうまい

この事実に消費者が気がつけば需要が即席麺から生麺にシフトしてしまうと思います(めんのシマダヤの時代の到来です)。

だいたい生麺をわざわざ乾燥させてそれをまた生麺にもどしておいしいおいしいといって食べているというのは若干マンガっぽいところがあります。もっともその倒錯した感じが楽しくていいのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »