« 脚本・坂元裕二の「最高の離婚」・第一回を観る・光生には同情も共感もできない!! | トップページ | 脚本・坂元裕二の「最高の離婚」・第2話を観る(後編) »

2013年1月18日 (金)

脚本・坂元裕二の「最高の離婚」・第2話を観る(前編)

第2話のサブタイトルは次のうちどれがいいですか?

 1.さようなら。わたし実家に帰ります。ルンルン。

 2.ぼくさー、ガッツ石待ちなの

 3.あんたなんて死ねばいいのに
 
 
 
さて第2話です。光生(瑛太)は事態の深刻さに気がついていません。結夏(尾野真千子)とはまだ話し合いの余地があると思っています。離婚を切り出したのは自分の方だから、結夏が謝ってきたら(ありえん)許してやろうか(何様のつもりだ)、などと甘いことを考えていました。しかし、結夏はすでに光生のことは眼中になくなっていました。話し合いの余地などまったくありません。問答無用で富士宮の実家に帰ってしまいました。

ひとりぼっちになった光生はレンタルビデオ店で、

 「人妻催眠不倫3(主演・佐山千鶴) いいの…私をもっと好きにして」

というタイトルのDVDをいやらしい目つきでジッと見詰めていました。ショートヘアの佐山千鶴というAV女優はどこか灯里(真木よう子)に似ています。光生の頭の中はエロい妄想で一杯になりました(これは借りねばなるまい)。
 
光生は、借りてきたビデオをしっかりと抱きしめて、早く家に帰っていいことしようと暗い夜道を急いでいました。すると、偶然にも、目黒川の橋の上で、灯里の夫・諒(綾野剛)に出会いました。諒は自転車のカギを落として困っていました。自転車屋はもう閉まっているし、近くの「ドン・キホーテ」でペンチを買ってきてワイヤーを切断することにしました。諒はまだ引っ越してきたばかりで土地勘がありません。光生が「ドン・キホーテ」まで案内してあげることになりました。

諒は光生が借りてきたアダルトビデオを見て、そういうのが好きならいいものをプレゼントしてあげようと考えました。ドンキで売っている「おとなの缶詰」です。わざわざ2缶買って、ひとつは光生にあげることにしました。

ドンキで売っている「おとなの缶詰」には次のようなものが入っているらしいです。

 1.ピンクローター   http://www.lovecosmetic.jp/shop/category/loter_pink.html
 2.アダルトビデオ
 3.パンツ
 
 
その後、この「おとなの缶詰」がどうなったかは定かではありません。光生は受け取らなかったみたいだし、処置に困って目黒川に捨てたのでしょうか。灯里がけっこうこういうの好きだったりして。ううっ、妄想が……。

それにしてもこれはちょっと危ない気がします。テレビを見た女子高生が「おとなの缶詰」を求めてドンキに殺到したらどうするんですか(ドンキ大儲け)。
 
 
 
それはさておき、諒は光生に「飲みにいきますか」と誘いました。光生がいろいろ質問するので勘違いしたみたいです。最初光生は断っていましたが、次のひと言で気が変わりました。

  「家内も喜んで来ると思います」
 
  
お酒が苦手な光生は、諒を姉夫婦(市川実和子と松尾論)と祖母(八千草薫)がやっている「金魚カフェ」に誘いました。遅れて灯里もやってきました。光生は灯里を自分の隣りの席に座らせようとしました。でも、夫婦が並んで座るのが自然というものです。灯里は当り前のように諒の隣りに座りました。残念無念です。光生は、もう灯里は人妻なんだということを思いしらされるのでした。
 
 

光生は富士宮まで結夏を迎えにいくことになりました。光生にもメンツがあります。頭を下げて復縁をお願いするわけにはいきません。「祖母の誕生会に出てほしい」というのが一応の口実です。

光生は、結夏と仲のよかった祖母の亜以子(八千草薫)にはまだ離婚の話はしていません。結夏も実家ではまだ離婚の話は伏せたままです。実家では夫婦喧嘩をして帰ってきたと思われています(たぶん)。父親の健彦(ガッツ石松)は尿道結石で機嫌が悪いらしく、離婚については健彦の尿道結石がとれてから話すつもりでいます。

結夏の実家では東京から結夏の婿(光生)が迎えに来てくれたということで、大喜びです。親戚一同が集まってきました。結夏の親戚はみんな陽気でテンションが高いです。なんだか毎日宴会をやっているような家族です。
 
 
結夏は夫だった光生には愛想が尽きても光生の祖母の亜以子のことはまだ気になっています。とりあえず亜以子の誕生会には結夏も出席することになりました。亜以子とはいっしょにプロレスを観戦する約束もあるみたいです。しばらくは離婚した光生といっしょに暮らすことになりそうです(たぶん)。

|

« 脚本・坂元裕二の「最高の離婚」・第一回を観る・光生には同情も共感もできない!! | トップページ | 脚本・坂元裕二の「最高の離婚」・第2話を観る(後編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122218/48823391

この記事へのトラックバック一覧です: 脚本・坂元裕二の「最高の離婚」・第2話を観る(前編):

« 脚本・坂元裕二の「最高の離婚」・第一回を観る・光生には同情も共感もできない!! | トップページ | 脚本・坂元裕二の「最高の離婚」・第2話を観る(後編) »