« 脚本・坂元裕二の「最高の離婚」・第2話を観る(後編) | トップページ | 脚本・坂元裕二の「最高の離婚」・第3話を観る・理屈っぽい光生(瑛太)は歯科衛生士の芹那に「めんどくさいこと訊きますね」と言われてしまいました。 »

2013年1月22日 (火)

深夜ドラマ「カラマーゾフの兄弟」を観る・このドラマ、何がすごいかといって挿入歌がすごいです。

原作はドストエフスキーの「カラマーゾフの兄弟」です。「カラマーゾフの兄弟」はロシア文学のみならず世界文学の最高傑作といわれています。いったいどこがそんなにすごいのでしょうか。フリー百科事典のWikipediaは、この小説を次のように紹介してます。

哲学者のルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインは、第一次世界大戦従軍時の数少ない私物の一つが本書であり「最低でも50回は精読した」と言っている。
作家の村上春樹は「これまでの人生で巡り合った最も重要な本の3冊」として、F・スコット・フィッツジェラルドの『グレート・ギャツビー』とレイモンド・チャンドラーの『ロング・グッドバイ』と並んで本書を挙げている。
また、東京大学の教員を対象に行われたアンケートでは、全ての分野の本の中で『カラマーゾフの兄弟』が「新入生に読ませたい本」の1位に選ばれてもいる。

ここまで言われると一度は読んでみたくなりますね。もっとも宗教的な思想書という側面もあるみたいで、「人間に救いなど必要ない」と考えている罰当たり(無神論者)には、この小説の本当のすごさを理解するのは難しいかもしれません(娯楽大作としてサスペンス小説を読んでいる感じになってしまう?)。

フョードル・ドストエフスキーの作品は正教会側からも高く評価されるものであり、時には「正教の神髄の代弁」とまで評される。特に『カラマーゾフの兄弟』については、正教会における人間の救いについての基本的な考えが一応網羅されているとされる。

  
テレビドラマの「カラマーゾフの兄弟」は、舞台を現代の日本に移し、黒澤家の三兄弟(満、勲、涼)の物語として描かれています。ドラマ自体が面白いかどうかはよくわかりません。結構評判はいいみたいです。

ドラマの内容はともかくとして注目したいのは挿入歌です。とにかくこのドラマの挿入歌は豪華です。ドラマ全体のテーマ曲というのはありませんが、登場人物ひとりひとりにそれぞれのテーマ曲があるような気がします。

Nirvana - Smells Like Teen Spirit

 

The Rolling Stones - Paint It Black(黒く塗れ!)
フジテレビはこのところどういうわけだかストーズにご執心です。でも、どうせストーンズを使うならこういう使い方をして欲しかったです。「カラマーゾフの兄弟」に「Paint It Black」なら退廃的でダークなイメージがピッタリです。

 

Camille Saint-Saens - Danse Macabre(死の舞踏)

 

Led Zeppelin - Babe I'm Gonna Leave You

 

|

« 脚本・坂元裕二の「最高の離婚」・第2話を観る(後編) | トップページ | 脚本・坂元裕二の「最高の離婚」・第3話を観る・理屈っぽい光生(瑛太)は歯科衛生士の芹那に「めんどくさいこと訊きますね」と言われてしまいました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122218/48890547

この記事へのトラックバック一覧です: 深夜ドラマ「カラマーゾフの兄弟」を観る・このドラマ、何がすごいかといって挿入歌がすごいです。:

« 脚本・坂元裕二の「最高の離婚」・第2話を観る(後編) | トップページ | 脚本・坂元裕二の「最高の離婚」・第3話を観る・理屈っぽい光生(瑛太)は歯科衛生士の芹那に「めんどくさいこと訊きますね」と言われてしまいました。 »