« 深夜ドラマ「彼岸島」第7話を観る・少しアクションドラマらしくなってきました。 | トップページ | 「芸術新潮」つげ義春特集 »

2013年12月 7日 (土)

小田急沿線自然ふれあい歩道・「本厚木駅コース」を歩く

●本厚木駅の北口周辺の繁華街を歩いていると最初はよく道に迷ったものです。
 
たとえば、本厚木駅の北口からスクランブル交差点を渡って有隣堂に向って歩いたとします。有隣堂の手前の道を右折すると厚木一番街に出られます。同じように有隣堂の先の「中町3丁目」の信号を右折しても厚木一番街に出られるような気がします。ところが、この信号を右折した道路は厚木一番街と並行に走っていてどこまでいっても厚木一番街には辿り着けません。「おかしいなあ」と首をかしげながらよく迷ったものです。
 
有隣堂の先にある「中町3丁目」の交差点が斜めに交差していることに気がついたのは何年も経ってからでした。この交差点が直角に交差していると思い込んでいたため、頭の中の地図がおかしくなって道に迷っていたのです。本厚木の繁華街はどうも道に迷うと不思議に思っている人はそういうことですので気をつけてください。
 
 
 
●さて、小田急沿線自然ふれあい歩道の「本厚木駅コース」ですが、以前「中央公園西側」の信号のところにあった歩道橋がなくなってしまいました。ここはただでさえ迷い易いところなのに貴重な目印がなくなってしまいました。ぼんやりしていると交差点を左折して大通りを本厚木駅に向って歩いてしまうので要注意です。
 
大都会(?)の本厚木も少し駅を離れるとのどかな田園風景が広がっています。このコースのメインは「ぼうさいの丘公園」です。「ぼうさいの丘公園」は見晴らしのよい丘の上に造られた約9haの総合公園です。隣りには東京農業大学の広大なキャンパス(農場?)が広がっています。東農大の敷地に沿って歩いていると鉄塔の手前の畑で学生と思しき若者がのどかに畑仕事をしているのがみられます。
 
この「本厚木駅コース」はルート合計が約5.5kmとなっていますが、5.5kmにしてはどうも疲れるし時間がかかります。最初は坂道が多いせいかと思っていましたが、そうではありませんでした。ルート合計が実際は7km以上あったのです。このコースのルート合計には、公園や緑道などの入口から出口までの長さがすっぽり抜けていたりします。最近ようやくそのことに気がつきました。
 
「本厚木駅コース」の長さを実際に歩数計で測ってみると、スタートからゴールまで10723歩ありました(三島神社や地頭山古墳への寄り道は省略)。1歩を70cmとすると、
 
 70×10723=750610
 
約7.5kmになります。
 
 
  歩数計 
 2085 本厚木駅         
 5733 亀の子橋の信号      
 6978 ぼうさいの丘公園(入口)  
 8025 ぼうさいの丘公園を出て右折する分岐点
 9873 地頭山古墳        
11713 小田急線高架下     
12808 本厚木駅 

|

« 深夜ドラマ「彼岸島」第7話を観る・少しアクションドラマらしくなってきました。 | トップページ | 「芸術新潮」つげ義春特集 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122218/54177210

この記事へのトラックバック一覧です: 小田急沿線自然ふれあい歩道・「本厚木駅コース」を歩く:

« 深夜ドラマ「彼岸島」第7話を観る・少しアクションドラマらしくなってきました。 | トップページ | 「芸術新潮」つげ義春特集 »