« 「S-最後の警官-」を観る・曾我伊織役の綾野剛がやたらとかっこよかったです。 | トップページ | キムタクの「宮本武蔵」を観る・芝居の書き割りのような杉の木と迫真の決闘シーンが共存している奇妙なドラマでした。 »

2014年3月19日 (水)

市販のルーを使わないでカレー粉と小麦粉でカレーを作ってみました(大失敗です)

ものは試しだと思って、小さな赤い缶に入ったSBのカレー粉と小麦粉(薄力粉)を買ってきてカレーを作ってみました。缶に書いてあるレシピ通りに作ったのですが、何だか真っ黄色で水っぽい薄味のカレーになってしまいました。

 
そういえば子供のころ家のカレーにはソースをかけて食べたものです。そこでソースをかけてみました。ソースをかけると酸味が強くなりますが薄味よりマシです。何とか食べられるようになりました。もちろん決しておいしくはありません。新婚の奥さんがこんなカレーを作って旦那さんに食べさせたら新婚早々大喧嘩になりかねません。カレー屋のカレーがこんなだったらお客が来なくなってすぐにつぶれてしまいます。
 

 
この大失敗から学んだ教訓は次の二つです。

 
   1.自分で作ったカレーはまずくても我慢して食べられる(自己責任)。

 
   2.ど素人にもそれなりにおいしいカレーが作れる市販のルーはえらい。

 

 
大量に残った小麦粉はお好み焼きにすることにしました。お好み焼きは市販のお好み焼き粉を買うよりも小麦粉に粉末のダシの素を混ぜて自分で作ったほうがはるかに経済的であることに気がつきました(味はたいして変わりません)。

|

« 「S-最後の警官-」を観る・曾我伊織役の綾野剛がやたらとかっこよかったです。 | トップページ | キムタクの「宮本武蔵」を観る・芝居の書き割りのような杉の木と迫真の決闘シーンが共存している奇妙なドラマでした。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122218/55438712

この記事へのトラックバック一覧です: 市販のルーを使わないでカレー粉と小麦粉でカレーを作ってみました(大失敗です):

« 「S-最後の警官-」を観る・曾我伊織役の綾野剛がやたらとかっこよかったです。 | トップページ | キムタクの「宮本武蔵」を観る・芝居の書き割りのような杉の木と迫真の決闘シーンが共存している奇妙なドラマでした。 »