« 脚本・岡田惠和の「最後から二番目の恋」最終回・そして振り出しに戻った | トップページ | 脚本・尾崎将司の「ブラック・プレジデント ~日本一のC調男~」第1話を観る »

2014年4月24日 (木)

ポール・マッカートニー・5月公演のセットリストはどうなるのだろう?

ポール・マッカートニーのアウト・ゼアー・ツアーが4月19日モンテビデオ(ウルグアイ)公演から再開されました。セットリストは去年の日本公演とほとんど同じみたいです。

 
5月の日本公演も場所が屋外に変わるだけでセットリストに大きな変更はないのかもしれません。しかし5月の日本公演はわずか半年後の緊急再来日という異例の公演です。セットリストの大幅な変更を期待したいです。

できれば、ビートルズファンに配慮しつつ、ウイングスの「ロックショウ」を再現するようなコンサートがいいです。そこで、日本公演限定の特別仕様のセットリストを考えてみました(予想というよりも願望)。前半はウイングスの曲がメイン、中盤はウイングスとビートルズが半々、後半はビートルズの曲がメインといった感じです。
 

 
 1.Venus and Mars~ Rock Show ~ Jet

 2.Silly Love Songs(心のラブ・ソング)

 3.All My Loving

 4.Letting Go (ワイン・カラーの少女)

 5.Let Me Roll It  (With Foxy Lady)

 6.The Long and Winding Road 

 7.Nineteen Hundred and Eighty-Five(西暦1985年)
 去年のコンサート以来この曲が幻聴のように頭の中を駆け巡っています。

 8.Let 'Em In (幸せのノック)

 9.My Love 

10.Things We Said Today(今日の誓い)

11.We Can Work It Out(恋を抱きしめよう)

12.Another Day

13.And I Love Her

14.Bluebird

15.Here Today
 フリー百科事典Wikipediaはこの曲を次のように紹介しています。

1982年にポール・マッカートニーが発表した楽曲。1980年12月8日(日本時間12月9日)に殺害されたジョン・レノンへの追悼歌である。アルバム『タッグ・オブ・ウォー』収録。LPレコードでは、A面の最後に位置していた。

ウイングス解散後、今後を模索していたポールを象徴するように、ポールがアコースティック・ギターを奏でる他は、バックの弦楽四重奏のみ。そのスタイルはビートルズ時代のポールの曲「イエスタデイ」と似ており、引き合いに出される。この弦楽四重奏の編曲はプロデューサーであるジョージ・マーティンによるもの。ポールは当初、「イエスタデイ」と余りに似過ぎてしまうという理由でマーティンのこの提案には乗り気でなかった。 ポール曰く「余りにも身近だから、ジョンの事は歌にしないと思っていた。それなのに気が付くと、ギターを持って作曲していたんだ」。「男は普段、友達を褒めたり、愛してるとは言わないだろ」とポールが言うようにストレートなまでにジョンへの愛を歌った歌である。

この曲は発売から20年後のコンサート・ツアーでアコースティック・ギターによる弾き語りで初めて演奏されたが、マッカートニーはそれまでも長年この曲をライヴで演奏しようと思い続けていたと語っている。

16.New

17.Queenie Eye

18.Lady Madonna

19.Dance Tonight
ポールはなぜかこういう陽気な曲が好きです。

20.Listen To What The Man Said(あの娘におせっかい)

21.Everybody Out There

22.Eleanor Rigby

23.Something

24.Band on the Run

25.Ob-La-Di, Ob-La-Da

26.Back in the U.S.S.R.

27.Paperback Writer

28.Let It Be

29.Live and Let Die

30.Hey Jude

Encore:
31.Day Tripper

32.Please Please Me

33.Get Back

Encore 2:
34.Yesterday

35.Helter Skelter

36.Golden Slumbers ~Carry That Weight~The End



 

●5月の日本公演は開演が5時半でした。日が暮れていないのにオープニングで"Venus and Mars"はないですね。


 

●国立競技場のチケットはゲットしたけど座席の場所がよくわからないという人はこちらをどうぞ
       ↓
 http://www.jpnsport.go.jp/kokuritu/seat/tabid/58/Default.aspx

 

|

« 脚本・岡田惠和の「最後から二番目の恋」最終回・そして振り出しに戻った | トップページ | 脚本・尾崎将司の「ブラック・プレジデント ~日本一のC調男~」第1話を観る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122218/55922294

この記事へのトラックバック一覧です: ポール・マッカートニー・5月公演のセットリストはどうなるのだろう?:

« 脚本・岡田惠和の「最後から二番目の恋」最終回・そして振り出しに戻った | トップページ | 脚本・尾崎将司の「ブラック・プレジデント ~日本一のC調男~」第1話を観る »