« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月19日 (木)

祝・ポールマッカートニー再来日決定!! その2

公演の最終日は(今のところ)4月27日(月)の東京ドームです。でも、翌日の28日(火)は東京ドームで巨人中日戦があります。会場の撤去は徹夜でやるのでしょうか。何かトラブルがあって撤去が間に合わなかったらプロ野球ファンに恨まれてしまいます。

日程に若干の不安がありますが、ポールマッカートニーの再来日を祝して、ビートルズナンバーを熱唱するポールマッカートニーの勇姿をお届けしたいと思います。ビートルズナンバーにははずれがないとはよく言ったものです。

Good Day Sunshine

I Will

Till There Was You

Penny Lane

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祝・ポールマッカートニー再来日決定!! その1

ポール・マッカートニーが2月14日のバレンタインデーにニューヨークでサプライズ公演を開催したそうです。「ショウの開催は当日早朝に発表され、数百枚のチケットが会場(Irvin Plaza)にて先着順で売りに出された」とか。すごいね。

詳しくは → http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150216-00000773-bark-musi

そのときのセットリストは次の通りです。"Eight Days a Week"で優しくスタートして、次に新曲の"Save Us"で現役バリバリをアピールしたかと思うと、突然"All My Loving"でビートルズファンを号泣させるというオープニングの流れは鉄壁のようです。カバー曲を2曲演奏しています。

1.Eight Days a Week(The Beatles)
2.Save Us
3.All My Loving (The Beatles)
4.One After 909(The Beatles)
5.Matchbox(Carl Perkins cover)


6.Let Me Roll It(Wings)
7.Nineteen Hundred and Eighty-Five(Wings)
8.My Valentine
9.Maybe I'm Amazed
10.I've Just Seen a Face(The Beatles)
11.It's So Easy(The Crickets cover)


12.Every Night
13.Another Day
14.We Can Work It Out(The Beatles)
15.And I Love Her(The Beatles)
16.New
17.Lady Madonna(The Beatles)
18.Jet(Wings)
19.Drive My Car(The Beatles)
20.Ob-La-Di, Ob-La-Da(The Beatles)
21.Back in the U.S.S.R.(The Beatles)
22.Let It Be(The Beatles)
23.Hey Jude(The Beatles)

アンコール
24.Golden Slumbers(The Beatles)
25.Carry That Weight(The Beatles)
26.The End(The Beatles)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月13日 (金)

2015年冬ドラマのおすすめベスト3・「限界集落株式会社」、「セカンド・ラブ」、「五つ星ツーリスト~最高の旅、ご案内します!!~」

1.「限界集落株式会社」・松岡茉優が実に魅力的です。オーラがないなんてとんでもないです。

このドラマは人口50人ほどの止村という限界集落の村おこしの話です。東京から戻ってきてかつて失敗した有機農業に再挑戦することになった大内正登(反町隆史)の前には次から次へと難題が待ち構えています。

正登の娘の美穂(松岡茉優)が東京で知り合った怪しげな経営コンサルタントの多岐川優(谷原章介)は、借金取りに追われて止村に逃げてきました。何だか同僚に騙されて借金を背負わされたみたいです。多岐川はなぜか美穂の祖母の弥生(長山藍子)と仲良くなってしまいます。多岐川はいつもよくしてくれる弥生に恩義を感じたのか自分が培ってきた経営コンサルタントのノウハウを駆使して止村の農業を救うためにひと肌脱ごうとします。この多岐川優を中心に考えると、このドラマはベンチャービジネスの成功物語のような側面もあります。

それからこのドラマでなんといっても輝いているのは美穂役の松岡茉優です。眼力がすばらしいです。松岡茉優は天然の能年玲奈を賢くしたような女優さんです。そのうち能年玲奈の強力なライバルになると思います。このドラマを美穂を中心に考えると、美穂が多岐川優に魅かれていく恋愛ドラマっぽくなります。恋愛ドラマも人を好きになるプロセスを丁寧に描いてくれると説得力があります。まあ、このドラマは恋愛路線とは関係なさそうですけど……。



2.深夜ドラマ「セカンド・ラブ」・深田恭子が濡れ場女優になってしまいました(涙)

 
西原結唯(深田恭子)は山王女子高校の教師です。化学を教えています。30過ぎの結唯は女子生徒からオバサン扱いされています。気の毒なことです。でも、一見真面目そうにみえるこの女教師には裏の顔がありました。不倫です。妻子ある先輩教師の高柳太郎(生瀬勝久)と密会を重ねていました。わりとやるもんです。このドラマは年齢設定が不明ですが、深田恭子32歳、生瀬勝久54歳です。

 
この西原結唯を遠くから一目見た瞬間に一目惚れしてしまった男がいました。コンテンポラリー・ダンサーの平慶(亀梨和也)です。平慶は国際大会で優勝したこともある実力派のダンサーですが、今は不遇の日々を送っています。世の中には実際に一目惚れというのがありますから一目惚れでもいいのかもしれませんが、テレビドラマとしては視聴者を納得させるそれなりのプロセスがないとまずいです。

 
このドラマの展開の荒っぽさは、第1話のラストに何としても濡れ場を持って来たかったところからきていると思います。それにしても結唯がストーカーみたいな平慶といきなり寝てしまうというのも「おいおいおい」という感じです。

結唯の不倫相手である高柳太郎には妻子がいます。平慶にも幼馴染みの野口綾子(早見あかり)という女性がいます。この絡まりあった三角関係は、別れ話のもつれからそのうち殺傷沙汰が起きてもおかしくない様相を呈しています。巷ではストーカーや別れ話のもつれから忌まわしい事件が頻繁に起きています。このドラマが今後どういう展開になるのか楽しみです。



3.深夜ドラマ「五つ星ツーリスト~最高の旅、ご案内します!!~」・太っていても渡辺直美はかわいいです。

高瀬京香(渡辺直美)は京都の旅行代理店の社員です。京都の事情に精通していて、かつては旅行プランの作成から添乗業務までを完璧にこなす優秀な「トラベルマスター」でした。しかしそんな京香も上司と衝突して窓際部署「中央管理センター」に配置換えされてしまいました。「中央管理センター」というところはその気になればなにもしなくていい部署です。なにしろ窓際部署ですから。しかしどんなところに勤務していても京香の仕事に対する情熱は衰えることを知りません。このドラマは窓際部署の京香が、それでもお客さまに最高の旅を提供しようとして奮闘するお話です。

高瀬京香が勤務している「中央管理センター」に入り浸っているタクシードライバーの川端哲男(寺島進)という男がいます。川端哲男は京香ちゃんが好きです。寺島進51歳、渡辺直美27歳です。最近のテレビドラマでは、おじさんが若い娘に恋をしたり不倫したりする設定がやたらと目立ちます。監督やプロデューサーは自分の願望をドラマに反映させてはいかんぞな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »