« 「ゴルゴ13」第560話「縄文の火 前編」を読む | トップページ | “5人目のビートルズ”ジョージ・マーティン、90歳で死去 »

2016年2月28日 (日)

小田急線沿線自然ふれあい歩道・「新松田駅コース」を歩く

早咲きの河津桜は今が見ごろです。河津桜は、すぐに散ってしまうソメイヨシノと違って見ごろが延々と1か月ぐらい続きます。二月に咲くので梅と勘違いしている人もいるかと思います。

河津桜といえば静岡県の河津町(原木がある)が有名ですが、小田急線沿線自然ふれあい歩道にも河津桜の名所があります。新松田駅コースの西平畑公園です。今年の松田町の桜まつりは2月13日(土)から3月13日(日)までの約1か月間です。

去年3月15日に新松田駅コースを歩いたときは、散り初めでようやく見頃を過ぎたといった感じでした。

今年は2月5日に新松田駅コースを歩きました。さすがにまだ桜まつりの準備中で提灯を吊るす作業をしていました。それでも少し咲いている河津桜もありました。
 
 

さて、自然ふれあい歩道の新松田駅コースですが、このコースは新松田駅をスタートしてまず延命寺に向かいます。延命寺を抜けて急坂のヘアピンカーブを上ると、東名高速沿いにしばらく下り坂が続きます。この下り坂で体力を温存して西平畑公園に向かいます。西平畑公園の入口にあたる自然散策路はつづら折りの階段になっています。ここが河津桜の名所です。自然散策路の階段の厳しさは自然ふれあい歩道全70コースの中でも屈指の難所です。ノンストップで階段を上りきると疲労困憊でひと休みしたくなります。ここから眺める大パノラマはまさに絶景です。
 
西平畑公園にはふるさと鉄道(ミニSL)というのがあります。このミニSLは実際に煙を吐いて走るらしいですが、まだ見たことはありません。こどもの館から自然館まで、このふるさと鉄道の線路沿いを歩きます。

自然館から先は舗装されていない山道に入ります。この山道は「松田山みどりの風自然遊歩道」という名前がつけられています。このあたりには野生のシカやイノシシが出るらしく、畑を荒らされては大変です。いたるところにフェンスが張り巡らされています。しばらく行くとシカよけのゲートがあります。カギを開けてゲートをくぐったら、またきちんとカギをかけておかなくてはいけません。何となく"秘境"に来たという気分になります。

ゲートを抜けると舗装された道に出てしばらくは上り坂が続きます。周囲はミカン畑です。上り坂が終わると今度は下り坂になります。この下り坂では随所で大パノラマの絶景が眺められます。下り始めてから河南沢配水池まで、歩数にして約1600歩です。ここは一気に駆け下ります。

配水池を過ぎても下り坂は続きますが、さすがに疲れるのでここからは歩くことにします。配水池からゴールの新松田駅まで約1kmです。

チラシでは新松田駅コースのルート合計は約3.9kmとなっていますが、歩数から計算すると5.5kmぐらいあります(0.75m×7400歩)。アップダウンが多くてけっこうきついコースです。体感的には6kmぐらい歩いた気分になります。甘く見てはいけません。

|

« 「ゴルゴ13」第560話「縄文の火 前編」を読む | トップページ | “5人目のビートルズ”ジョージ・マーティン、90歳で死去 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122218/64182031

この記事へのトラックバック一覧です: 小田急線沿線自然ふれあい歩道・「新松田駅コース」を歩く:

« 「ゴルゴ13」第560話「縄文の火 前編」を読む | トップページ | “5人目のビートルズ”ジョージ・マーティン、90歳で死去 »