2006年8月 5日 (土)

めざせ、グーグルの達人

ブログのアクセス数について、最近ちょっと面白いことに気がつきました。

このブログは基本的に訪問者が少なくて閑古鳥が鳴いているのですが、ときどき急にアクセス数が増えることがあります。増えるといっても一ケタがやっと二ケタになる程度ですが、それでも偶然とは思えない異常値を示すことがあります。日ごろ閑散としているだけに「あれ?」と不思議に思うことが何度かありました。

いろいろ調べてみてわかったことは、ブログに特定のキーワードが含まれていると、そのブログにリンクを設定してほとんど無差別に紹介しているサイトがいろいろ存在するということです。なるほどこれで納得がいきました。そういうことだったようです。

同時に、ほとんどアクセスされないブログ(つまりこのブログ)が、検索エンジンで検索すると場合によっては検索リストのかなり上位に表示されてしまう謎も解けました。

「グーグル100%利用術」(朝日新聞社編・朝日文庫)によれば、グーグルではほかのページがらどれだけ参照されているか(リンクが設定されているか)を基準に検索結果をランキングしているそうです。このときに「単純にリンクの数だけでなく、ランクの高いページからリンクされると加点される」というシステムになっているようです。つまり、リンクを設定してるサイトのランクが高いと、リンクされたブログのほうのランクも上がってしまうのです。

わかっている人には常識だろうし、ほかの検索エンジンもだいたい似たようなシステムになっているのだろうと思いますが、この検索エンジンに施されている創意工夫については、検索結果をチェックする際に知っておいて損はないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)